今日これからの天気をざっと見ていきましょう。

図  午前9時の地上天気図と11時発表の天気予報(出典:気象庁HP)

昨日まで北海道付近にうろちょろしていた低気圧は東の海上に離れました。北日本は弱い気圧の谷ではありますが、気象庁は雨の予想はしていません。雲が広がる程度の予想です。
南の海上には前線が停滞しています。
この前線が今夜にかけて北上し、九州から瀬戸内付近に前線の折れ曲がり(キンクという;小さな低気圧みたいなもので強い雨が降りやすい)ができる予想です。
このためこれからは西日本を中心に雨が降り、所により大雨となる予想です。
また、明日の朝にかけてキンクが東へ進み、関東付近に達するため、今夜から東日本でも雨の降り出す予想です。
今朝から今日の深夜にかけて、
四国と近畿で150mm
九州南部で130mm
九州北部で100mm
の最大雨量が予想されています。
また、台風7号の影響で、太平洋側ではうねりにより波が高くなると予想されています。
時系列予想によると、
大阪では15時ごろから、東京では19時頃から雨の予想となっています。