5月もあと2日。今週末も運動会で盛り上がっているところがあるのでしょうか?
道路交通法が明後日改正され、自転車に関する取り締まりが強化されます。
当初、今日は九州以外で晴れ、明日は全国的に雨とお伝えしましたが、雨の予想が少し早まり、また雨域の予想も変わり、今日午後から西日本は雨で明日日中は晴れ、東日本は運が良ければ天気が崩れない予想へと変わってきています。
まずは今日の天気を見ていきましょう。

図1  午前6時の地上天気図
【沖縄/奄美】
東シナ海に低気圧があり、そこから梅雨前線が伸びていますが、低気圧のところで前線は北へ盛り上がっています。低気圧が九州へ接近する今日日中は、前線から離れるため晴れる予想です。しかし、前線が九州を通過後は、低気圧の後ろの梅雨前線が近づいてくるため、夜遅くなるほど雨の予想が出ています。

【西日本】
今日は西から低気圧が近づいてきます。夜9時には低気圧が九州まで進んできて、前線は紀伊半島沖まで進んできます。
昼過ぎには中国地方、夕方には四国地方、夜の初めごろには近畿地方、夜遅くには東海北陸地方へと雨雲が広がってくる予想です。
特に低気圧が通過する九州を中心に激しい雨となる恐れがあり、今朝6時から今日深夜までに九州南部の多いところで100mmの大雨が予想されています。

【東日本】
昨日雨を降らせた低気圧は東の海上へと抜け、一旦は弱まる傾向です。このため低気圧から近く強風に注意は必要ですが、天気は晴れる予想です。

【北日本】
日中は晴れますが、夕方以降、西から寒冷前線、南から昨日関東に雨を降らせた低気圧が接近します。夕方以降北海道では雨が降りやすい状態となる予想です。

図2  午前9時発表の天気予報

さて、昨日噴火のあった口永良部島の天気ですが、種子島・屋久島地方のポイント予報を見てみましょう。

図3  種子島・屋久島地方の天気予報

昼過ぎには雨の降り出す予想となっています。現在、口永良部島の住民の避難は完了しているようですが、この雨による火山灰の影響が懸念されます。火山灰は水分を含むと固まり、かなり重くなるようですから、場合によっては屋根に積もった火山灰によって家が潰れる事もあるようです。また、雨によって上空を漂う火山灰が雨に混じって降ってくる事も考えられます。隣の屋久島や種子島上空にどれだけの火山灰があるかはわかりませんが、火山灰にはガラス質なども含むので吸い込むと気管支系に影響を及ぼす可能性もあります。今日の雨には少し注意が必要かもしれません。

(画像は全て気象庁HPより)