今日午前、気象庁は北陸地方で梅雨入りしたと発表しました。
平年の梅雨入りは6月12日ですから、7日遅い梅雨入りです。
梅雨入りラッシュが2週間ほど前にありましたが、それ以降、梅雨前線はほとんど北上せず、北陸と東北は梅雨入りが見合わされていましたが、今朝からは前線は離れているものの北陸では雨が降っていて、しびれを切らした気象台は梅雨入り発表した模様です。
残りは東北南部と北部。
南部には雨雲が一部かかり雨が降っている地域があります。今日梅雨入り発表するのかしないのか注目です。
南部は6月12日、北部は14日が平年ですからすでに5日以上の遅れは確定しています。
エルニーニョの影響かどうかはわかりませんが、太平洋高気圧の影響が弱く、梅雨入りが遅れています。
ちなみに、梅雨入りが7月に発表されたことは1951年以降、南部はなく、北部でも1回だけです。
現在発表されている26日までの週間天気予報では晴れマークが並んでおり、今日梅雨入りしなければ、かなり遅くなりそうです。