今月はどういうわけか、普段発表されている季節予報が25日ではなく、24日に発表されたようです。まあ、早いに越したことはないのですが。
発表されてから数日経ちますが、ここで現段階での予想を見ていきたいと思います。

今月10日前後に発表されたエルニーニョ監視速報では依然、この夏は強いエルニーニョが起きる(というよりもう起きている)予想となっています。
梅雨に入ったのになかなか雨が降らない、東北はだいぶ梅雨入りが遅れた、などすでにその影響が現れてきているように思います。

まず、7〜9月の平均気温予想です。日本海側を中心に平年より低い予想です。次に降水量です。広い範囲で平年より多い予想です。

先月の季節予想が発表された時、この図はあくまでも3ヶ月の平均だと言いました7、8、9月それぞれで見ていく必要があります。

【7月】
平均気温は沖縄を除いて平年よりやや低い予想をなっています。平均気温は晴れの日数といい関係がありますから、平年より低いということはくもりがちということになります。
降水量を見ても雨が多い月になりそうですね。すでに九州では今月大雨になっていますが、この後も平年より多いペースで降るということでしょう。梅雨末期の大雨にも注意が必要です。
曇りがちということも最も示すのが日照時間でしょうか。全国的に平年よりやや少ない予想です。農業のことはわかりませんのでどの程度影響するかはっきりしたコメントはできません。

7月は本州付近に前線が停滞しやすく、曇りや雨が多い予想となっています。梅雨明けも遅れる可能性がありますね。

【8月】

本来なら日本は太平洋高気圧にすっぽり覆われる時期です。高気圧が雲を追い払ってくれています。しかし今年はその高気圧の力が弱く、日本を覆ってくれません。そうなると日本付近は雲が通りやすくなり、雨が降りやすかったり、日差しが少なく、気温があまりあがらなかったりします。

8月になっても前線の影響を受けやすい状態が続く予想です。今年は水不足はあまり考えられなさそうですが、日照不足による農作物の成長は少し心配ですね。

【9月】
9月は夏から秋への移行期です。秋雨前線が北から南下してくる時期です。秋雨前線は南の太平洋高気圧と北の高気圧との境で形成されます。本来は夏は北海道も含め太平洋高気圧にしっかり覆われているので秋雨前線は北海道の北から北海道を通ってゆっくり下がってきます。しかし、今年は太平洋高気圧と北の高気圧がぶつかる場所が東北やそれより南となり、北日本は逆に北の高気圧にすぐに覆われて晴れが多い予想、降水量も少ない予想となっています。

今年の夏の天候を大きく左右するものがエルニーニョということは先月から変わっていないです。今後エルニーニョがどのように推移していくのか、多くの気象関係者が注目している点でしょう。

(画像は全て気象庁HPより)