生徒 「6月も今日で終わりですね。最終日の今日は西から天気下り坂のようですね。」

図1 午前3時の地上天気図
アウル教授 「南の方に停滞していた梅雨前線がぐーっと北に上がってくる予想じゃ。今夜には九州にかかり始めるため、九州では全域で激しい雨に注意が必要じゃ。梅雨前線の雨ということもあり、比較的長い時間雨が降る予想で、九州では明日朝までに200mmの大雨が予想されておる。6月はすでに九州各地で雨量が多くなっておるが、最後の最後にまた大雨となりそうじゃ。土砂災害に厳重な警戒が必要じゃ。」

生徒 「西日本も次第に雨ですか?」

アウル教授 「前線が近づいて来るため、昼過ぎには四国、夕方には中国地方、夜の初め頃には近畿地方で雨が降り始めてきそうじゃ。西日本ではおかえりの際に傘があると安心じゃのう。」

生徒 「梅雨前線の雨の特徴はなんですか?」

アウル教授 「まず、長い雨というのが特徴じゃ。たとえ時間雨量が少なくても総雨量は多くなる恐れがある。それから、前線上に低気圧ができると、その低気圧の通過するタイミングで激しい雨や落雷、突風が吹く可能性もある。」

図2 午前6時発表の天気予報

アウル教授 「北海道の雨は前線とはまた別の理由じゃ。こちらでは大陸から寒冷渦が近づいて来るため大気が不安定となる予想じゃ。落雷や急な雨に注意が必要じゃ。東日本は今日いっぱいは天気持ちそうじゃのう。」

(画像は全て気象庁HPより)