生徒 「7月ももう直ぐ終わりですね。当初はこの夏は平年並みか平年より低い気温となる予想でしたが、ここ最近は猛暑続きですね。」

アウル教授 「当初はエルニーニョの影響を強く受けるという予想じゃったが、その影響を打ち消すほどのことが起きたのじゃ。というのは台風じゃ。日本付近をいくつも台風が通ったためにその度ごとに太平洋高気圧の張り出しが強くなっていったり、台風が熱帯の暖かい空気を運んできたりしたのじゃ。この傾向は今後も続くと予想され、気象庁も猛暑への警戒を呼びかけておる。」

図1 午前9時の地上天気図

生徒 「西日本は気圧の尾根、東日本は気圧の谷の中ですね。」

アウル教授 「東日本の気圧の谷は、台風12号由来のもので、この気圧の谷に沿ってやや強い雨雲ができておる。今日は午前中を中心に雨が降りやすい予想じゃ。西日本は気圧の尾根の中ではあるが、太平洋高気圧の圏内かと言われれば微妙なところじゃ。高気圧の周りを通る湿った空気の影響を受けやすい状況となっておる。日中の昇温次第で雲が発達する恐れがある。地上天気図からは全く分からんが、沖縄の上空は寒気が入っておって大気がやや不安定となっておる。午前9時現在、まとまった強い雨雲は目立たんが、この後日中晴れて暑くなれば、大気の不安定度が増し、雲が発達する恐れがある。」

生徒 「大気が不安定というのは、上空に寒気が入るか、地面付近に湿った空気が入った時に増すんですよね。」

図2 午前9時発表の天気予報

アウル教授 「今日の天気傾向としては比較的単純じゃ。東日本や北日本は気圧の谷の中で雲が広がりやすく雨も降りやすい。西日本や沖縄は高気圧に覆われて晴れるが、午後以降は暑くなると大気が不安定となり、夕立が起きやすいという状況じゃ。今日も各地で暑くなりそうで、名古屋では35℃の猛暑日予想。内陸ではさらに気温が上がる恐れがある。しっかりと熱中症対策をしよう。」

(画像は全て気象庁HPより)