生徒 「昨日、九州北部と東北北部がようやく梅雨明けを発表し、全国全ての地域が梅雨明けしましたね。」

アウル教授 「天気図から梅雨前線は遥か前に消えておったのになかなか梅雨明けしなかった。特に九州北部は、周りの他の地域が梅雨明けしたのに、忘れられているかのようにずっと梅雨状態じゃった。まるで梅雨明けの記録を作ろうかとしているような焦らしじゃったのう(笑)」

図1 午前6時の地上天気図

アウル教授 「日本付近の気圧配置はほとんど変わっておらん。沖縄付近に高気圧、北海道の北に低気圧があって、日本付近は低気圧に覆われるもなく、高気圧に覆われるもなく、といった状況じゃ。顕著に晴れるわけでもなく、顕著に雨が降るわけでもない曖昧な天気場となっておる。」

生徒 「昨日も内陸を中心に激しい雨が降ったところがありましたね。」

アウル教授 「今日も昨日と同じように高気圧の縁を湿った空気が日本へ流れ込むため、大気が不安定で、気温の上がる午後や、風が持ち上げられる山沿いで雲が発達しやすくなる予想じゃ。今日も風は西から東へ流れる予想で、発生した雨雲も西から東へと流れていく。山沿いで発生した雨雲は平野部へも流れていく恐れがあるから、特に西に山がある地域は警戒が必要じゃ。」

生徒 「北海道の低気圧は寒冷渦によるものですか?」

アウル教授 「その通りじゃ。寒冷渦は動きが遅く、長い間北海道は上空に寒気が入って大気が不安定となっておる。次々と雷を伴った雨雲ができて、北海道方面へ流れ込んでおる。今日も雲の動きに注意して、落雷や突風、激しい雨に注意が必要じゃ。」

図2 午前9時発表の天気予報

アウル教授 「今日も西寄りの風が吹くということで、西に山がある地域でフェーン現象が起きて気温が上がりそうじゃ。関東もその1つじゃ。北陸は逆に海からの風ということでそこまで気温は上がらん予想となっておる。ただ、気温は上がらなくても雨雲は上昇気流があればできるから注意が必要じゃ。」

アウル教授 「結局今日も、大気は不安定な状態が全国的で、気温の上がってくる午後を中心に雨雲が発達しやすいという傾向じゃ。ただ、こういう夕立をよく感じるようになると、季節は梅雨から盛夏へと向かっているのだとも感じるのう。」

(画像は全て気象庁HP)