生徒 「昨日の関東は日中もあまり気温が上がらずに肌寒い一日になりました。」

アウル教授 「東日本は北からの高気圧に覆われており、北よりの涼しい風が吹いておる。」

図1 午前6時の地上天気図

アウル教授 「この時間雨雲の分布は大きく3つある。1つは北海道。2つ目は東北。そして3つ目は東海。」

生徒 「まず北海道の雨雲をお願いします。」

アウル教授 「台風15号から変わった低気圧が北海道の西の大陸まで北上してきた。この低気圧周辺の雨雲が北海道にかかって雨を降らせておる。低気圧はこの後も衰弱していく予想で、これに伴い雨雲も消滅していく。北海道の雨雲も解消傾向で徐々に天気は回復していく予想じゃ。」

生徒 「東北の雨雲はどうでしょうか?」

アウル教授 「東北地方は北からの高気圧の張り出しの影響で北東方向の涼しい風が吹いておる。この涼しい風は海からの風ということで水蒸気はある程度持っておる。この風が奥羽山脈を始め東北を走る脊梁山脈にぶつかることで、太平洋側中心に雨雲が発生しておる。北から高気圧が張り出すという気圧配置はしばらく続きそうで、そのために東北の雨雲もなかなか取れそうにない。週間予報でも少なくとも明日までは雨マークがあることから、曇りや雨の降りやすい天気が東北太平洋側は続きそうじゃ。」

生徒 「そして最後は東海地方ですね。今朝も激しい雨を観測しており、この3つの雨域の中では一番発達した雲がありそうですがどうでしょうか?」

アウル教授 「東海から関東にかけては、北から張り出した高気圧による涼しい空気が、まだ残る夏の暖かい空気とぶつかる部分に位置しておる。つまりは小さな前線と考えて貰えば良い。南寄りの風は暖かく、北よりの風よりも水蒸気をさらに含んでおる。このため、上にあげた2つの雨域よりも発達した雨雲ができておるのじゃ。このぶつかりも北からの高気圧の張り出しが続くために解消されない。今は雨雲の範囲自体は少ないが、この後は範囲が関東にも広がってくる予想で、夕方以降は雨が降る恐れがあるので天気急変に注意が必要じゃ。」

図2 午前9時発表の天気予報

アウル教授 「西日本に関しては今日も広く晴れてきそうじゃ。昨日以上によく晴れて青空が広がってきそうじゃ。気温もぐんぐん上がり各地で真夏日予想。まだ熱中症対策が必要となりそうじゃ。暑さひと段落と言って無理に冷房を消すのは危険じゃ。」

(画像は全て気象庁HPより)