図1 午前6時の地上天気図

生徒 「日本付近は高気圧に覆われるでもなく低気圧に覆われるでもなく、どういう状況か見辛い天気図ですね。」

アウル教授 「高気圧に覆われれば晴れ、低気圧に覆われれば雨というのは正しいが、晴れや雨は地上天気図で描かれる高気圧や低気圧だけでは決まらん。天気図の中の隠れた低気圧を見つけていくことが重要じゃ。」

生徒 「沖縄の南に高気圧が一つ、北海道の北にも高気圧が一つありますね。」

アウル教授 「南の高気圧からは日本付近は西寄りの風が吹く。一方で北の高気圧からは日本付近は東寄りの風が吹く。そして、この高気圧と高気圧の間、東海沖あたりには弱いながらも低気圧がある。昨日の夜の天気図には描かれておったが、今朝の天気図ではすでに描かれておらん。この低気圧の東側、つまり関東では低気圧による南寄りの風と北からの高気圧による風がぶつかって雨雲。一方で低気圧の東側は低気圧による北よりの風と南の高気圧による風がぶつかって雨雲ができておるのじゃ。」

生徒 「関東から東海にかけて所々に雨雲があるのはそのためですね。よく見ると、東海沖を中心とする円を描くような雨雲の分布をしていますね。」

アウル教授 「まあこれに関しては、北と南の高気圧の間、気圧の谷の中に東海や関東があると簡単に考えてもいいじゃろう。」

生徒 「一方で沖縄付近の東シナ海から九州にかけても発達した雨雲がかかって、雷も一部伴っているようですね。」

アウル教授 「朝鮮半島の北に低気圧があるじゃろう。小さな低気圧、というより旧台風15号なのじゃが、この上空は非常に強い寒気を伴った上空の気圧の谷となっておって、この部分から寒気が沖縄まで南下し、東シナ海は上空の寒気に覆われておる。ここに、地上では先ほどの南の高気圧から南風、つまりは暖かく湿った空気が地上付近を沖縄から九州方面へ吹いておる。上空は強い寒気、地上は暖かい空気ということで大気の状態が非常に不安定。また雨の材料となる水蒸気は豊富にあることから、発達した雨雲が次々とできておる状況じゃ。」

生徒 「この寒気は今後本州への影響が広がってきますか?」

アウル教授 「上空の寒気の移動速度は非常にゆっくりしておるが、着実に本州へと広がってきそうじゃ。また、比較的長い間影響を与えそうじゃ。週間予報では西から天気が崩れ始めるが、今日に関しては九州は雨雲がかかるかどうか、晴れ間もあるという感じじゃ。明日になると雨雲が進んできて雨が降りやすくなる。明明後日になってようやく西日本全域で雨雲がかかってくるというくらいで、その後も来月頭にかけて雨が降りやすくなりそうじゃ。ただ、こういう雨(秋雨前線による雨じゃが)も季節を秋へと進める機会となりそうじゃ。」

図2 午前9時発表の天気予報

アウル教授 「北からの高気圧に覆われる東日本、北日本は今日も気温は低めで過ごしやすい一日となりそうじゃ。西日本は晴れて今日も夏の暑さになりそうじゃ。」

(画像は全て気象庁HPより)