生徒 「昨日は一日文句なしの晴れでしたね。今日もこの時間東京は快晴となっています。」

アウル教授 「おとといの風が強い日が肌寒く感じられた分、昨日は風も弱く、ポカポカと感じられたじゃろう。今日は昨日以上に暖かさを感じる一日となりそうじゃ。ただ、これは天気の崩れの先駆けでもある。明日は東京でも雨が降りそうじゃ。」

図1 午前6時の地上天気図

アウル教授 「ここからは雨天専門のツバメ准教授にバトンタッチじゃ。」

ツバメ准教授 「よろしくお願いします。早速ですが、天気図を見ると、日本の西、大陸からは低気圧と前線が迫ってきていることがわかりますね。」

生徒 「このままだと本州を寒冷前線が通過しそうですね。」

ツバメ准教授 「ご推察の通り、今日から明日にかけて寒冷前線が通過していく予想です。一般的な寒冷前線の知識通り、短時間強雨の注意が必要となってきます。場合によっては雷を伴うこともあるので、雨雲レーダーなどで適宜確認してください。」

生徒 「今日に関してはどの辺りまで進んできそうですか?」

ツバメ准教授 「今日夜の予想天気図では中国〜四国地方まで進んできそうです。この前線付近では激しい雨の恐れがあります。天気分布予報などとも照合してみると、東海地方あたりまでは今日中に雨が降り出してきそうです。」

生徒 「なるほど。では東京、関東地方の雨は明日に持ち越しですね。」

ツバメ准教授 「そんな感じですね。前線が通過するまでは南風が吹きます。前線通過直前は南風が強まるので、前線通過前後は強風にも注意が必要になってきますね。前線が通過する前の南風が気温を上げてくれます。今日日中は東京もこの風に恵まれて気温は昨日よりも高くなるという予想です。」

生徒 「前線通過後は冬型へと変わってきそうですか?」

ツバメ准教授 「今回も前回同様に前線通過後は広く見て西高東低の冬型の気圧配置へとなっていきそうです。西日本各地は前線が通過したあとすぐに冬型が強まるというわけではなさそうです。前線通過後はすぐに西から次の高気圧に覆われてくるためです。一方で東日本や北日本、特に北日本は明日以降冬型となってきて、風も強まり、ところによってはまた雪となる可能性もあります。」

生徒 「その他注意することはありそうですか?」

ツバメ准教授 「前線通過時は風が強まるとお話ししましたが、このタイミングで沿岸部では高波などにも注意が必要となります。また、この時期、満月に近いお月様で、大潮の時期ですから、南に開いた湾を中心に高潮にも注意が必要となります。これらは沿岸部以外の地域には影響のないことですね。」

生徒 「一方で前線とは別に、日本の南にはずっと低気圧がありますね。元をたどれば台風24号にまで遡るのですが、この影響がずっと南の島々で続いているようですね。」

ツバメ准教授 「昨日まで小笠原諸島を中心に雨が続いておりましたが、このあと低気圧は北上して、今度は伊豆諸島に影響をもたらしそうです。伊豆諸島では前線の影響とは別にこの低気圧の影響を受けますので、前線から離れた今日も早くも雨、ところによっては激しい雨に注意が必要となってきます。」

図2 午前8時発表の天気予報

ツバメ准教授 「ということで、今日の雨の境は東海地方(フォッサマグナ)あたりでしょうか。これより西の地域は雨の恐れがありますので傘をお忘れずに。それより東の地域は、今日は雨の降らない予想です。(南風によって一部地域では地形的な雨雲発生の恐れはありますが限定的です。)北日本、こちらでも雨です。日本列島は弓なりの形なので、日本海側から直線上の前線がかかるときはまず西日本と北日本がかかって、最後に前線がかかるのが新潟あたりとなるのは想像がつくでしょう。北日本は東北南部や上越よりも早く雨が降ることになります。日中は広く南風のために気温は上がってきそうです。」

(画像は全て気象庁HPより)