生徒 「昨日から今朝にかけて前線が通過したわけですが、関東地方はあまり雨が降りませんでしたね。」

アウル教授 「そうじゃのう。近畿地方あたりを前線が通過するまでは、ライン状の雨雲が連なっておったのじゃが、次第にそれは見えにくくなり、形を崩した感じで関東に近づいた。そのため、一部地域では強い雨が降ったが、東京などでは雨雲がかからない感じで朝を迎えた。そして今朝はまた、快晴と言える青空スタートとなっておる。」

図1 午前6時の地上天気図

生徒 「前線が通過したあとは冬型になっていくのですよね。」

アウル教授 「傾向としては冬型じゃが、今回はしっくりとした冬型移行となりそうじゃ。北海道の北にある低気圧はまだそれほど発達しておらず、等圧線の間隔は広い。風も北海道ではやや強いものの、他地域では弱い状況じゃ。ただ、日本海側では早くも北風による弱い雨雲ができておる。低気圧も今後発達していく予想で、次第に風も強まり、日本海側も顕著な時雨となっていきそうじゃ。日本海沿岸では強風や高波、高潮に注意が必要となってくる。明日にかけては寒気も入ってくるということで、東日本から北日本でこの影響を受けて、気温が下がりそうじゃ。一方で今日に関してはまだ冬型は弱いため、日差しも出る地域では東日本も気温が上がってきそうじゃ。」

生徒 「むしろ気温が上がった次の日は寒いと余計に肌寒く感じそうですね。」

アウル教授 「そうじゃな。日ごとの気温差が大きくなっておるので体調管理もしっかりせねばのう。西日本に関しては冬型の影響は受けず、高気圧に覆われてよく晴れるため、明日以降もあまり気温は下がらない予想じゃ。」

生徒 「太平洋側の関東沖には別の低気圧がありますね。」

アウル教授 「昨日までに小笠原諸島や伊豆諸島で雨を降らせてきた低気圧じゃ。この低気圧に関しても今後発達する予想で、低気圧からのびる前線が一部小笠原諸島にかかっておる。小笠原諸島では午前中を中心に雨の予想じゃが、前線の通過後の午後は天気回復となりそうじゃ。関東沖ではこの低気圧による強風や高波に注意が必要となる。また、天気分布予報によると、関東では夜以降やや雲の多い天気となりそうじゃ。おそらくこの低気圧が近づくためと考えられるが、今の所雨にまではならない予想じゃ。」

図2 午前9時発表の天気予報

アウル教授 「今日は、冬型と言っても弱く、風の影響も少ないため、日差しによって気温は上がってきそうじゃ。過ごしやすい気候となりそうじゃ。ただ、明日以降、東日本では3℃近く、北日本では5℃近く今日よりも気温が下がってきそうじゃ。ところによってはこれ以上下がる可能性もある。気温のギャップに注意が必要じゃ。この冬型の影響で東日本と北日本の日本海側ではしばらく時雨そうじゃ。」

(画像は全て気象庁HPより)