生徒 「世間では、明後日のハロウィンで盛り上がりを見せていますね。」

アウル教授 「街中でたまに見かける仮装姿の人、今年も趣向を凝らしたものが流行っておるようじゃ。気になる当日の天気じゃが、冬型が強まって、太平洋側は晴れるものの気温が低めという予想じゃ。仮装するにも、厚手の仮装がいいかもしれんのう。」

生徒 「では今日の天気をお願いします。」

図1 午前6時の地上天気図

アウル教授 「さて、今朝の東京であるが、どんよりした雲に覆われておる。この原因は、地上天気図でも見られるように気圧の谷の影響じゃ。ちょうど関東付近で等圧線がくねくね曲がっておるじゃろう。」

生徒 「大きく見ると、東は低気圧の領域、西は高気圧の領域で、関東はその境目あたりの、低気圧側というわけですね。」

アウル教授 「今夜にはこの気圧の谷は深まって、低気圧として天気図に描かれることになる予想じゃが、今日はこの気圧の谷や低気圧の影響で、関東地方は南部ほど雲の広がりやすい1日となりそうなのじゃ。日差しが少なく、気温がほとんど上がってこない予想なので、肌寒い一日となりそうじゃ。少し気になるのが、天気分布予報で夜以降関東南部の一部で雨が予想されておる。念のため折りたたみの傘があるといいじゃろう。今日は気温が低めのため、少しの雨でも濡れてしまうと寒く感じるので注意が必要じゃ。」

生徒 「一方で、北海道の北には発達した低気圧がありますね。」

アウル教授 「北海道の低気圧と、九州付近の高気圧の間で、西高東低の冬型の気圧配置となっておるが、いつもの冬型と比べて、高気圧は南より、低気圧は北寄りとなっておる。等圧線も俗に言う縦縞模様ではなく、比較的ななめに走っておる。それほど強い冬型とは言えない。風の分布を見ても西日本の日本海側は、西寄りの風と、陸地に沿う形で拭くために時雨れるといったこともない。一方で、北日本や東日本の日本海側では西風は沿岸から内陸へ向かう風となるので、冬型特有の時雨が起きておる状況じゃ。しかし、この後は冬型が強まってきて、北海道では雨が雪に変わる地域もありそうじゃ。また、明日以降は西日本の日本海側にも時雨が広がりそうじゃ。」

生徒 「なるほど。弱い冬型で、今日の雨主体は東日本と北日本中心ということですね。ただ、明日以降は冬型が強まり、雨の範囲も拡大するということですね。」

アウル教授 「北海道では等圧線が混み合っているので風の強い状況にも注意が必要じゃ。それから、日本海側では西寄りの風が主流じゃが、太平洋側に行くと北寄りの風となって、今日は晴れてもあまり気温は上がって来なさそうじゃ。天気分布予報では、気圧の谷が近い関東はもちろんのこと、その他の地域も晴れたり曇ったりと日差しにはあまり恵まれない一日となりそうじゃ。」

図2 午前8時発表の天気予報

アウル教授 「東日本と北日本の日本海側は時雨れる予想じゃ。関東南部は夜以降にわか雨に注意が必要じゃ。その他の地域は雲の多い時間帯もあるものの、雨までは予想されておらん。気温が低めなので服装にも気を使う必要があるのう。」

(画像は全て気象庁HPより)