生徒 「今日で11月も終わり。今朝は雲がやや広がった天気となっていますね。」

アウル教授 「先週はかなり寒い一週間となったが、今週は平年並みに戻ってくる日が多くなりそうじゃ。今日も今は雲が広がってる東京じゃが、次第に雲も取れてきそうじゃ。11月最後はややポカポカとなりそうじゃ。」

図1 午前6時の地上天気図

生徒 「日本海と沖縄に昨日の予想通り低気圧が発生しましたね。」

アウル教授 「ともに東へ進んでいく予想で、低気圧周辺では強い雨に注意が必要じゃ。太平洋側の低気圧に関してはすでに前線を伴っており、この前線付近でできた雲が北に流されたものが関東にもかかっておる。午前中を中心にこの状況が続くが、低気圧が東へ進むとともに、雲も東へ進んで、午後以降は雲もなくなってくる予想じゃ。」

生徒 「小笠原諸島や伊豆諸島では前線の影響を受けてきそうですね。」

アウル教授 「そうじゃのう。前線がより近くを通る小笠原諸島では激しい雨や落雷にも注意が必要じゃ。ただ雨の降り出しは夜になってからの予想じゃ。伊豆諸島は南部を中心に雨が予想されておる。こちらでは日中から雨が降りやすい。それより北は今は雲が広がっていても午後以降は取れてくる、雨は降らない予想となっておる。」

生徒 「一方で日本海の低気圧による影響はどうなりますか?」

アウル教授 「日本海の低気圧は前線を伴いながら北日本方面へと進んでいく予想じゃ。」

生徒 「前線付近では雨ということですね。」

アウル教授 「今夜には低気圧は北海道の西部沿岸に、そこから伸びる寒冷前線が東北から北陸日本海側に、温暖前線が北海道にかかる予想で、これに伴い夜は北海道から東北(太平洋側も)、北陸にかけて雨が予想されておる。ただ、降り出しはもう少し早く、早ければ午後からは雨というところも出てきそうじゃ。寒冷前線による雨であるため、一時的に雷を伴って強く降ることも考えられる。今日は北海道や東北、北陸では傘を持ってお出かけする必要がある。」

生徒 「今日は気温は上がってきそうですか?」

アウル教授 「日本海を低気圧と前線が通過するということで、日中は全国的に低気圧の南側で、南風が吹く予想じゃ。太平洋の低気圧が今回はかなり本州から離れた場所を通るため、こちらの低気圧の影響はあまりない。南風によって暖かい空気が入るために、今日は平年を上回って気温が上がってきそうじゃ。雨の降る北海道や東北も気温が高めで、東北はもちろん、北海道でも沿岸部を中心に雪ではなく雨となりそうじゃ。積雪地域では、雨によって雪が水分を含み重みを増す可能性があるので、屋根からの落雪等注意が必要になってくる。北海道東部でも気温は平年並みじゃが、まあ、気温が低いために、こちらでは雪となりそうじゃ。」

図2 午前8時発表の天気予報

アウル教授 「北日本と伊豆諸島南部以南で今日は傘が必要になってくるが、日本海低気圧のために気温は高めじゃ。札幌も雪ではなく雨マークがついておる。西日本から東日本の晴れる地域では気温が15度を超えてきて暖かく感じそうじゃ。北日本は低気圧が通過した明日は冬型のためにまた気温が下がりそうじゃが、西日本から東日本はあまり影響を受けずに、今週は平年並みの気温で推移する日が多そうじゃ。」

(画像は全て気象庁HPより)