12月に入って1週間余りが経ちました。
天気図大賞第3回目は12月に発生した台風が載っている天気図を選びました。

12月にもなると、日本付近は冬型の気圧配置がよく見られるようになります。しかし、よくよく見てみると、日本の南には前線ができることが多くなります。
これは冬の空気と夏の空気の境目がそこにあるということです。それより南はまだまだ暖かい空気。というより熱帯域は一年中暖かいのですが…

台風は12月にも十分発生の可能性があります。過去の統計によると、12月は平均で年1個以上の台風が発生しています。(正確には、1951年から2014年の64年間に75個)。本州に接近したりする可能性は極めて低いですが、フィリピン方面へ進み、甚大な被害を与えることがあります。
今回紹介する天気図に載っている台風もフィリピンで大きな被害を出しました。昨年のことなので記憶にある方も多いのではないでしょうか。

平成26年12月6日18時の天気図

実はちょうど1年前の天気図です。冬型が緩み始めている状況、なんだか今日とそっくりな感じですね。

台風22号は930hPaにまで気圧が下がっています。12月といえどまだまだ海水温の高い領域を進んできたため、真夏並みの発達具合です。

今後地球温暖化が進んでいくと、12月といえども強い台風が、日本を襲うことになるかもしれません。