生徒 「今日はクリスマスイブ。今夜からあすにかけてホワイトクリスマスとなる地域が出てきそうですか?」

アウル教授 「今年は残念ながらホワイトクリスマスとなる地域は狭くなりそうじゃ。」

図1 午前9時の地上天気図

生徒 「関東沖に低気圧がありますが、すでに雨雲はなくなってきていますね。」

アウル教授 「この後は太平洋側は低気圧の西側に入るために天気は回復へと向かう。日差しが出る地域を中心に気温は上がってくる予想じゃ。」

生徒 「沖縄方面には前線が伸びていますね。」

アウル教授 「この前線付近では雨雲がまとまっているので、この後も雨が続く予想じゃ。ところによっては強く降る恐れもある。」

生徒 「一方で日本海側には低気圧が発生していますね。」

アウル教授 「ただ、この低気圧に伴う雨雲はそれほどまとまっていないようじゃ。」

生徒 「今夜の天気はどうなりそうですか?」

アウル教授 「天気分布予報と天気図で見てみよう。」

図2 今夜の予想天気分布

図3 今夜の予想天気図(上)とあす夜の予想天気図(下)

アウル教授 「日本海の低気圧は今夜も同じようなところのあって、北陸の一部で雨が予想されておる。この低気圧が東へと抜けた後の明日は強い冬型となりそうじゃ。あす夜は西高東低の気圧となっておる。北海道を中心に大雪や暴風に注意が必要となる。」

生徒 「あすは気温が下がってきそうですね。」

アウル教授 「あすは冬型になって間もないためにまだ気温はやや高い予想じゃが、明後日には強い寒気が流れ込むために気温が数度下がる予想じゃ。あすは東北では雨の予想じゃが、明後日は雪となる予想じゃ。」

図4 正午発表の天気予報

アウル教授 「結局今夜からあすにかけて雪が降ってホワイトクリスマスとなるのは基本的には北海道中心となりそうじゃ。あとは長野県などの内陸部では期待できそうじゃ。一方で日本海側は降っても雨の地域が多そうじゃ。」