■お天気メモ■
・高気圧は次第に抜け、西から雲が広がる。九州は夜から雨。
・北日本は暖かく湿った風で北海道でも雨になる地域も。
・気圧差の大きい北日本は強風、高波、落雷、突風、風雪注意。
・ 沖縄付近で低気圧発生。強風、高波、落雷、突風、激しい雨に注意。
・沖縄の低気圧は明日にかけて本州へ接近。今後の情報に注意。 

生徒 「今日2月19日は24節気の"雨水"ですね。」

アウル教授 「"あまみず"ではなく"うすい"と読む。雪も雨に変わってくる時期とされるが、まさにその通りの気候となりそうじゃ。今日は北海道でも雨の地域があるくらいの暖かさとなりそうじゃ。」

図1 18日夜の天気図

生徒 「昨日はよく晴れましたが、高気圧は東へ移ってきていますね。」

アウル教授 「西から高気圧圏外となっていく予想じゃ。まず、高気圧圏外になると高気圧を回る湿った空気が入ってくるので雲が広がりやすくなる。今日は午前中を中心に西日本〜東日本でまだよく晴れる予想じゃが、午後になると九州など西日本方面で雲が広がり、夜には関東も含め東日本でも雲に覆われる予想じゃ。そして、そのあとは雨雲が広がってくる。夜になると九州で雨が降ってくる予想じゃ。帰宅が夜になる方は傘がいるぞ。九州以外の地域は日付が変わって明日になってからの降り出しの予想じゃが、明日は全国的な雨になってきそうじゃ。」

図2 今後の予想天気図

生徒 「北海道など北日本は低気圧が近づいてきていますね。」

アウル教授 「北海道や東北日本海側では低気圧のため雨や雪が降りやすい予想じゃが、高気圧を回る暖かい南風が入るため、寒気は北へあげられ、気温もやや高め。北海道でも雪ではなく雨の地域が出てきそうじゃ。南風の雨は大気が不安定になるので落雷や突風に注意が必要。また、雪と雨が混ざると路面状況が悪くなったり、雪崩が起きやすくなるので積雪地域では注意が必要じゃ。また、等圧線の間隔は比較的混んでおる。これは南の高気圧と北の低気圧の気圧差が大きい場所に位置するためじゃ。 強風や高波に注意が必要じゃ。」

生徒 「沖縄付近には等圧線が北に盛り上がった気圧の谷があって、今日はこの部分に低気圧や前線が発生する予想ですね。」

アウル教授 「低気圧や前線の南側を中心に湿った南風が入るので大気の状態は不安定。落雷や突風、激しい雨に注意が必要じゃ。こちらは、東の高気圧と西の低気圧の気圧差が大きい場所に位置するため強風や高波に注意が必要じゃ。」

生徒 「この低気圧の動向が気になりますね。」

アウル教授 「この低気圧は明日、明後日にかけて急速に発達しながら本州に近づく予想じゃ。このため明日土曜日は全国的に風が強くなったり、激しい雨で荒れた天気になる恐れがある。低気圧がどの辺りを通るかでその影響地域は変わってきそうじゃ。今後の情報に注意してほしい。」

図3 今日の天気予報

アウル教授 「ひとまず今日と明日は南風が入るため気温が高い地域が多い。明後日以降はおよそ5℃ほど気温が下がる予想なので体調管理など特に受験生は必要になる。」