■お天気メモ■
・北海道には低気圧、日本海側には気圧の谷接近で雨や雪が降りやすい。 落雷、突風、降水の強まりに注意。
・南西諸島は低気圧と前線が通過。 激しい雨や落雷、突風注意。寒冷前線通過後は風向きが北に。強風、高波注意。
・関東沖の低気圧のために朝までは関東で雨が降りやすい。
・南岸を低気圧が通過。当初の予想よりも南のため東海や近畿、中国は雨が降りにくい予想に。太平洋沿岸部は雨雲がかかるところも。

生徒 「本来なら今日は全国的な雨が予想されていましたが、雨マークが取れている地域が出てきましたね。」

アウル教授 「当初の予想よりも南岸低気圧が南を通るため、雨雲がかからない地域が出てきたためじゃ。九州や四国など太平洋沿岸地域では雨雲がかかって雨が降る時間帯があるものの、近畿や東海などは曇りという予想じゃ。雨雲がかからないからといって晴れるわけではないが。」

生徒 「関東はどうですか?」

アウル教授 「関東は今回の南岸低気圧とは別にもう一つ関東の南海上に低気圧があってこの影響を受けそうじゃ。朝までは南部から東部でこの雨雲がかかる予想じゃ。降り方としては弱い予想じゃが関東では朝の通勤通学時間帯に傘がいるかもしれない。ただこの雨も日中は止んでくるため傘の置き忘れに注意じゃ。」

生徒 「高気圧が抜けた後は気温が上がると言われていましたが予想されている気温も今日は低めですね。」

アウル教授 「強い南風が入らない予想になったため気温もあまり上がらない予想になっておる。週間予報ではかろうじて今週の中では高い方じゃが、春っぽさは全くなく、コートが必要などんより寒い曇り空となりそうじゃ。」

図1 22日夜の天気図

生徒 「日本海側は今日も雪が降りやすいですか?」

アウル教授 「朝には北海道の北に低気圧が移動して、そこから日本海に気圧の谷が伸びる予想になっておる。まず、低気圧周辺の北海道では朝から雪が降りやすい。次に本州日本海側に関しては午前中はまだ止んでいるもののこの気圧の谷が近づいてくる午後以降雨や雪が降りやすくなる。いずれも落雷や突風、降り方に注意が必要じゃ。」

図2 今後の予想天気図

アウル教授 「沖縄付近にある低気圧が当初からの南岸低気圧じゃがかなり南を進んで行く予想で本州への影響は少ない。ただ、沖縄では前線や低気圧付近で発達した雨雲ができるので前線通過時などに激しい雨や落雷、突風の恐れがある。また、寒冷前線通過後は大陸の高気圧との間の気圧差が大きい場所に入るため、風が強まる。強風や高波に注意。風向きも南から北に変わるため気温も下がってくる。」

図3 今日の天気予報

アウル教授 「ということで九州や四国は朝から雨予想。関東も朝までは雨予想。東海や近畿、中国は曇り空主体という予想じゃ。南風がそこまで強まらないため気温もあまり上がらず、コートがいる寒さになりそうじゃ。」