■お天気メモ■
・関東の大気不安定は未明まで。落雷に注意。
・日中は高気圧に覆われてくるため全国的に晴れ。
・夜は次の気圧の谷接近で雲が広がりやすく、 午後以降は日本海側で強風と高波注意。
・広い範囲に霜注意報。農作物被害に注意。 

生徒 「昨日の夜から関東は激しい雷雨に見舞われましたね。あられやひょうが降って、まるで雪のように積もったところもあるようです。」

アウル教授 「昨日は日中は西日本、夜は東日本に上空の非常に強い寒気が入った。これと地上の気温差が大きくなったため大気の状態が非常に不安定となったのじゃ。西日本に関しては夜は地上気温が下がり、上空寒気も抜けていく状況だったため地上と上空の気温差は次第に小さくなったため日中雷雨に見舞われたところも夜にはほぼ解消した。一方で東日本、特に関東は上空寒気のピークが夜であったため、夜になって地上気温が下がっても、それと同じくらい上空の気温も下がったため、地上と上空の気温差は大きいままで、大気不安定な状態が続いたのじゃ。」

生徒 「日付が変わってだいぶ雨雲はなくなってきましたね。一時期発表されていた気象警報も解除されました。」

アウル教授 「上空寒気のピークは過ぎた上、雨で地上気温も一気に下がったので大気不安定は解消へ向かっておる。一応未明までは雷雨のおそれがあるがその後は天気回復へと向かっていきそうじゃ。」

図1 昨夜からの予想天気図


生徒 「今日日中は日本の南に高気圧、それから北日本にも高気圧がやってくる予想ですね。」

アウル教授 「北海道から沖縄まで日中は晴れる予想じゃ。今日は風も弱く、気温も上がってくるため花見日和と言えそうじゃ。ただ、まだ桜の開花状況は少し遅れておるようじゃ。天気的には絶好の機会であるがのう。」

生徒 「夜になると早くも高気圧は抜け始め、変わって日本海には前線を伴った低気圧が進んでくる予想ですね。」

アウル教授 「沖縄を除き夜は高気圧圏外になってくる予想で全国的に曇り空となりそうじゃ。また、日本海は等圧線がやや混み合ってくる。これを受けて日本海側は午後以降強風や高波に注意が必要じゃ。今日に関してはまだ低気圧や前線の雨雲はかからない予想で雨が降る予想は出ていない。夜になっても降水確率は10%程度なので傘はいらなさそうじゃ。」

図2 深夜0時時点の霜注意報発表状況

アウル教授 「さて、晴れる代償であろうか、放射冷却が聞くため最低気温は平年より低くなりそうじゃ。これを受けて霜注意報が東北から九州まで広い範囲に発表されておる。この時期は作物の播種期でもあり、朝の冷え込みで霜が降りてしまうと作物の成長に支障が出てしまう恐れがあるということで発表されておるのじゃろう。」

図3 今日の天気予報

アウル教授 「天気マークはずらっと晴れマークが並んだ。明日は東日本日本海側は雨が降るもののその他は晴れ、明後日は九州と北海道は雨でその他は晴れ、明々後日以降は全国的に曇りや雨の日が多くなるという週間予報が出ておるのでやはり花見は今日、明日、明後日がベストコンディションとなりそうじゃ。」