■お天気メモ■
・北日本を通過中の前線による雨は未明まで。落雷や突風、雨の強まり、強風、高波に注意。
・午後以降北海道内陸を中心にところどころで雨雲が発生する予想。 
・沖縄周辺に低気圧と前線が発生。南西諸島と九州、四国に雨雲が次第に広がる。夜遅くには紀伊半島南部にも雨雲予想。
・その他の地域は今日も晴れて日差したっぷり。気温も上がって春本番の陽気。 

生徒 「今月も今日で最後ですね。3月は暖かい印象でした。桜も平年よりも早く開花したところがほとんどでした。」

アウル教授 「昨日は福岡、長崎、松江で桜の満開が宣言された。開花ラッシュからも1週間ほど経っているので多くのところでだいぶ桜の開花が進んできているようじゃ。さて、天気的には今日が花火日和となりそうじゃ。というのも、今日は本州ではよく晴れて気温が上がってくるが、明日以降は晴れ間もあるものこ雲の多めの天気が予想されているためじゃ。」

図1 30日夜の天気図

生徒 「昨日は北海道の西にある低気圧からのびる寒冷前線が東日本、北日本を通過するという状況で、一時的に雨が降った地域がありましたね。」

アウル教授 「この前線、昨夜の時点でほぼ東北から抜けてきておる。明け方までは北海道と東北でにわか雨の可能性があるがその後この前線による雨は解消する。寒冷前線による雨であるから落雷や突風、雨に降り方に念のため注意が必要じゃ。また、前線付近は等圧線がやや混んでいるので強風や高波にも注意が必要じゃ。昨日は強風で子供用遊具が横転するという事故も発生しているのでこういう強風注意の呼びかけも油断してはならない。」

図2 今後の予想天気図

生徒 「低気圧と前線は朝には一旦抜ける予想ですが、その後別の低気圧が北海道に近づいてくる予想になっていますね。」

アウル教授 「この低気圧上空は寒気があっていわゆる寒冷渦状態となっておる。大気の状態は不安定となる。低気圧が通過する北海道では午後以降再びところどころで雨雲が発生するという予想じゃ。この低気圧の影響は東北には及ばないので天気が崩れるのは北海道だけという予想じゃ。」

生徒 「沖縄付近には低気圧と前線が進んでくる予想ですね。」

アウル教授 「日本の南を通過する低気圧と前線の影響で九州や四国には次第に雨雲が広がってくる予想じゃ。九州南部朝から九州北部と四国昼過ぎから降り出してくる予想じゃ。夜になると紀伊半島南部でも雨の降るところがある予想じゃ。これらの地域ではお帰りの際に傘が必要になるかもしれん。雨具を持って出かけよう。また、前線の南側で湿った風の入る 南西諸島も雨が降りやすく、落雷や突風、激しい雨にも注意が必要じゃ。この低気圧が日本の南を進んでいくことで明日以降は太平洋側で雲の多めの天気が予想されておる。」

図3 今日に天気予報

アウル教授 「関東から西では今日も20℃前後まで上がる予想じゃ。朝も10℃前後と暖かい朝になりそうじゃ。」