■お天気メモ■
・本州は'見えない'高気圧に覆われて晴れ予想。
・九州の南の前線は、午前中にかけてやや南へ下がるが、午後以降再び北上。次第に雲が広がり九州南部は今日も雨がち。傘が必要に。
・沖縄は前線が下がってくる午前中を中心に特に雷雨に警戒。その後も前線が近く雲が広がりやすい。急な雨に注意。
・北海道は足早に小さな低気圧が通過。昼前から夕方にかけて北東部で一時雨の予想も、範囲は狭い。 

生徒 「雨が降らないで欲しいと思っているところに限って、雨が続いてしまうのはどうしてでしょうね。」

アウル教授 「九州では連日のように雨が降っているようで、避難されている方もなかなか落ち着けない日々を過ごされていることじゃろう。この一連の雨も、あと1回ピークを迎えれば、晴れのGWに入っていきそうじゃ。あともう少し辛抱しよう。」

図1 25日夜の天気図

生徒 「日本の北と南で近づいてきているものが違いますね。北海道には低気圧、本州には高気圧が近づいて近づいてきています。」

アウル教授 「まず本州に近づく高気圧じゃが、これがやってくると前線は南へ押し下げられる。しかし、通過したあとは、前線が北へ上がってくる。まるで、ゴムに力を加えて離したときのようじゃ。今日はこの高気圧のために一旦南へ下がるが、午後以降西から今度は北へ上がってくる。そして明日の本格的な雨へと向かっていくことになる。この高気圧の移動場所を予想天気図で追って見ていこう。」


生徒 「追ってみると言っても、高気圧がなくなってしまっていますよ。」

アウル教授 「そうなのじゃ。この高気圧はそれほど強いものではない。だから等圧線の間に埋もれてしまっておる。しかし、高気圧があると思われる痕跡は残っておる。どこかというと等圧線の南への膨らみじゃ。本州を通る等圧線(1016hPa)に注目してみよう。朝の時点では四国沖、夜の時点では東海沖にあるじゃろう。ちょうどこの辺りに高気圧があると考える。」

生徒 「なるほど。これぞ見えない高気圧ですね。」

アウル教授 「夜になってもまだ高気圧圏内の西日本〜東日本は晴れ間が広がるが、九州では高気圧圏外となって湿った空気が入りやすくなる。すると前線が北上してきて、雲が広がりやすかったり雨が降ったりするのじゃ。今日の九州は、一旦朝は前線が少し南へ下がり、ところによっては日差しも出るものの、午後以降はまた曇りや、南部を中心に雨が降る予想じゃ。熊本もまた雨の可能性がある。」

生徒 「南西諸島でも発達した雨雲が発生しているという状況が続いていますね。」

アウル教授 「前線付近でライン状に発達した雨雲が発生していて、この下では雷を伴ったり激しく降ったりしておるようなので注意が必要じゃ。今日は午前中は前線が南へ下がっていくということで、奄美は小康状態、沖縄本島で雨が予想されておる。一方で午後以降は前線がやや北上するので沖縄で小康状態、奄美で雨という雨と曇りが奄美と沖縄で対称的となる。ただ、小康状態と言っても、場合によっては雨雲が流れ込んでくる可能性もあるので、急な強い雨にはやはり一日を通して注意しておいたほうが良いじゃろう。」

生徒 「北海道は低気圧が通過していく予想ですね。」

アウル教授 「この低気圧にはあまり雨を降らせる力がない。というのも、低気圧の南側にあたる本州を大陸由来の高気圧、つまり乾いた空気を持った高気圧が通過するため、湿った空気が低気圧に入らないためじゃ。高気圧が湿った空気をブロックしてくれるわけじゃな。全く降らないというわけではないが、降るのは北海道の北東部に限られそうじゃ。」

生徒 「低気圧は北海道の南部を通過していくのにどうして北東部で雨なんですか?」

アウル教授 「低気圧の周りを回る風を考えてみよう。低気圧に近い南部は南西寄りの風となる。しかし、先ほども書いたように南側には乾いた空気を持った高気圧があるために水蒸気が少ないのじゃ。一方で北東部は北東よりの風となるが、こちらではオホーツク海由来の湿った空気がある。なんとか水蒸気がある北東側で雨が降りやすいのじゃ。」

図3 今日の天気予報

アウル教授 「大阪は27℃まで上がり、汗ばむ陽気になりそうじゃ。沖縄で28℃を考えれば沖縄並みの気温ということになる。朝の気温もそれなりの高さで、今日は一日を通して暖かくなりそうじゃ。」

図4 熊本市の時系列予想


アウル教授 「前線が下がる朝は日が差す時間帯もあるかもしれん。ただ、前線がまた北上してくる午後以降は雲が広がり、マークではないが雨が降る可能性が高い。降水確率は40%じゃが、まあ40%なら降ると思っておいたほうがいい確率じゃと思う。」

図5 熊本県の週間予報

アウル教授 「次に注意したい雨は明日明後日の雨じゃ。低気圧が通過していく雨で激しく降ったり大雨になる可能性がある。その後は晴れマークが並び始めたのでGW前半はいい天気になりそうじゃ。雨で不安な方ももうしばらくの辛抱となりそうじゃ。」