■お天気メモ■
・前線上の低気圧が発達しながら本州太平洋側に沿って北上。また、西日本は低気圧が通過。全国的に風も強まってくる。
・2つの低気圧により太平洋側で雨が一旦止む時間帯があるかもしれないがその後再び雨に。北海道は夜以降雪のところも。
・本当の天気回復は今夜以降。今日は傘が必須。
・雨の降る時間帯が長いため、総雨量が多くなり大雨となる可能性も。四国で100mm予想。 土砂災害に注意。

生徒 「西から雨が上がってきているようですね。」

アウル教授 「雨雲の分布状況を見てみよう。」

図1 深夜0時時点の雨雲レーダー

生徒 「九州など、雨雲がほぼなくなっている地域もありますね。」

アウル教授 「今は一旦雨雲が抜けてきているように見えるが、今日日中はまた雨が降りやすい天気になる予想じゃ。雨のピークは九州では超えたが、1日を通して雨がぱらつきやすい天気となりそうじゃ。九州の天気回復は夜以降となる。雨雲自体は全体的に東へ移動するが、日本海側を中心に西の方でも雨雲が発生しやすい状況となる。」

図2 27日夜の天気図と今後の予想天気図


アウル教授 「その原因は2つの低気圧にある。一つは九州北部にある低気圧、今降っている雨というのはほとんどこの低気圧によるものじゃ。もう一つは太平洋側に伸びる前線上の低気圧、雨雲自体は海上中心じゃが、沖縄などで激しい雨を降らせておる。」

生徒 「まず、九州の低気圧ですが、朝には四国に進んで、夜にはその姿を消していますね。」

アウル教授 「西日本を横断していく形の低気圧じゃが、夜に消滅したと考えるのは間違っておる。確かに天気図上からは姿を消しておるが、低気圧としては残っておる。その痕跡が夜の天気図で太平洋側に伸びる気圧の谷(赤い線で書いた部分)じゃ。今日はこの隠れた低気圧が厄介な存在となりそうじゃ。」

生徒 「一方で太平洋側の前線は発達しながら北上してきて三陸沖まで進んでいくという予想ですね。」

アウル教授 「南岸低気圧のコースを通っていく。太平洋側に雨をもたらす低気圧じゃ。朝の時点では低気圧がまだ日本の南にあるということで太平洋側に広く雨が降る。その後関東沖を通って北上していくが、一般的に低気圧は西側では雨雲があまりないことが多い。ところが今回はそうはならない。」

生徒 「確かに、普通ならば低気圧や前線が過ぎた後というのは天気がすぐに回復に向かうものですが今回は雨が長引く予想ですね。」

アウル教授 「前線とは、温度の異なる空気の境目であるから、低気圧や前線のすぐ後ろには、冷たく乾燥した空気が控えておるのじゃ。このために天気が回復することが多い。しかし、今回は隠れた低気圧が悪さをするためになかなか天気回復にはなってくれないのじゃ。」

生徒 「隠れた低気圧がどういう悪さをするのが気になるところですが、予想天気図上にオレンジの矢印が書き加えられていますがこれはなんですか?隠れた低気圧と関係があるのですか?」

アウル教授 「この矢印は湿った空気の流れを書いた。湿った空気は低気圧の東側で温暖前線を横切って北上した後、反時計回りの風に乗ってぐるっと向きを変え、日本海側にまで入ってくる。東北や北海道の太平洋側だけでなく日本海側でも雨雲が発生しやすいのはこのためじゃ。雨雲は低気圧の北側に分布するというのは普段と同じじゃ。しかし今言ったように一般的には低気圧の後ろには乾いた空気があるので、この北側の雨雲が南へは下がって来にくい。下がってきても消滅してしまうのじゃ。ところがここで厄介なのが先ほどの隠れた低気圧じゃ。この低気圧の西側では、北風が吹くために、日本海側の雨雲を太平洋側まで引き込んでしまうのじゃ。逆に低気圧の東側では南風じゃが、この南風は前線のすぐ後ろにある乾いた空気からの風であるため雨雲は発生しにくい。つまり2つの低気圧で挟まれた領域では雨雲の穴となり、その周囲で雨が降るという構図になるのじゃ。その穴も低気圧とともに東へ移動する。天気分布予報でその点を確認してみよう。」

図3 朝、夕方、夜遅くの天気分布予報

アウル教授 「朝の時点で、赤いばつ印の位置に低気圧がある。この時間帯はまだ広い範囲で雨が降っておる。若干近畿で雨雲の穴になっている気もするが。時間が飛んで夕方を見てみると関東で雨が弱くなっておる。これが穴といった部分じゃ。穴が東へ移動してきた形じゃ。太平洋側では一時的に雨が止んだり、弱くなるかもしれんが、夕方の時点で近畿で雨が降っているように再び雨が降り出す。そして夜遅く、ようやく西日本方面は雨が上がってこれで天気は回復に向かうが、関東は再び雨になるなど東日本と北日本で雨が続く予想じゃ。」

生徒 「なんだか、ややこしい天気分布ですね。こんなの覚えられませんよ。」

アウル教授 「とにかく、今日の太平洋側は一旦雨が上がってもまだ雨が降る可能性があるということを覚えておこう。日本海側に関してはこのような雨雲の穴はないのでまとまって雨が降る。結局、傘は今日の必須アイテムとなるということじゃ。」

生徒 「地震の被災地も今日はまだ雨が降りやすい予想なので土砂災害も心配が続きますね。」

アウル教授 「天気としては今日までが雨なので、明日以降は天気回復する。」

生徒 「それから全国的に見ても雨が降る時間帯が長くなるので総雨量も多くなりそうですね。」

アウル教授 「そうじゃのう。四国では最大100mmの雨が予想されておるから九州に限らず土砂災害に注意が必要かもしれん。」

図4 今日の天気予報

アウル教授 「今日は先ほどの湿った空気の流れ込みを見てもわかるように、風向きとしては北寄りになる。雨も長引き、日差しも少ないため気温は下がる。東京は17℃と20℃に届かない気温になりそうでここ数日暖かかった分、少し肌寒く感じるかもしれん。また、低気圧は発達しながら三陸沖へと進むため風もやや強まってくる。強風に注意じゃ。」

図5 熊本市の時系列予報


アウル教授 「昼過ぎまでは雨が降りやすい状況が続く。天気回復は夜以降となりそうじゃ。こちらでも気温は低下傾向にある。日中も気温が上がるというよりは下がり続ける傾向にあるので一日の最高気温が未明のうちに観測されることになるかもしれん。日中は20℃を下回るのでこちらもやや肌寒く感じるかもしれん。」

図6 熊本県の週間予報

アウル教授 「明日以降は天気が回復して晴れのGW前半に入る。気温も明日はまだ20℃止まりも、明後日以降は夏日予想にもなっておる。心配のGW後半の天気じゃが、今のところ雨は3日火曜日で、その翌日には晴れマークがついておる。ただ、この付近の天気は今後変わってくる可能性も高い。」