■お天気メモ■
・低気圧が発達しながら三陸沖を北上中。今後も大きく発達する予想で東日本と北日本は風が強まって波も高くなる予想。強風と高波注意。
・東日本と北日本で季節外れの冬型の気圧配置。北海道と東日本日本海側で雨が降りやすく北海道では雪となる予想も。落雷や突風だけでなく風雪にも注意。
・関東の雨は朝には取れて、西日本や東日本太平洋側は天気回復し晴れ間が広がる予想。ただ、北風よりの風がやや強く、関東を除いて平年より気温は低め予想。 

生徒 「雨雲レーダーでは雨が降っていないように見えるところでもアメダスを見ると関東で降っているという状況ですね。」

アウル教授 「雨雲レーダーは上空のある高さ付近を見ているのじゃが、それよりも高さの低い雲からの雨というのは雨雲レーダーでは捉えられない場合がある。こういう時は、雨雲レーダーには写っていないのに雨が降っている場合もある。雨自体は弱いことが普通じゃが、雨雲レーダーだけでなくアメダスのデータも参考にしなければならない。」

生徒 「西から天気が回復傾向ではありますよね。」

アウル教授 「そうじゃのう。関東の雨も朝には止んで日中は西日本〜東日本太平洋側で晴れることになりそうじゃ。今日からGWという方も多いじゃろう。GW初日は、西日本〜東日本太平洋側でお出かけ日和となりそうじゃ。」

図1 28日夜の天気図

アウル教授 「関東に雨を降らせている原因は昨日も書いたように、隠れた低気圧じゃ。天気図を見ると太平洋側に気圧の谷が見られるがこれは、昨日日中西日本を横断した後、弱った低気圧の名残じゃ。これによる弱い雨雲が関東にかかっているという状況じゃ。この雲は朝には関東から抜けていく予想じゃ。」

生徒 「一方で三陸沖には低気圧が北上してきましたね。これにより東日本日本海側と北日本に広く雨雲がかかっているようですね。」

アウル教授 「まず、低気圧は閉塞段階に入ったかのように見えるが、この後も急速に発達しながら北上していく予想になっておる。閉塞しているのに珍しい低気圧じゃ。その理由としては、説明しづらいのじゃが、実はこの低気圧、完全に閉塞したとは言い切れない状態でまだ発達できる要素を持っているということじゃ。低気圧の発達とともに東日本や北日本で等圧線が混み合ってきておる。北海道では風速20m/sを超える風も観測されておる。今後も風が強まってくる可能性があるので、強風や高波に注意が必要じゃ。」

図2 今後の予想天気図

生徒 「東シナ海には高気圧が進んできて、これが西日本方面の天気回復をもたらすというわけですね。」

アウル教授 「そうじゃのう。ただ、東日本や北日本はよく見ると西に高気圧、東に低気圧というまるで冬のような西高東低の気圧配置となっておる。日本海側で雨が降りやすいのはこのためでもある。この気圧配置の状態が夜になっても続くので日本海側の雨は夜まで続いてしまいそうじゃ。」

生徒 「北海道では雨を通り越して雪になっているところもあるとか。」

アウル教授 「冬型の気圧配置になっているため寒気が南下してきて気温が平年より5℃近く低くなっておる。北海道では季節外れの雪となっていて、今後の雪が積もったり、風雪になる可能性もある。雪の降り方にはこの時期だからこそ十分注意が必要じゃ。」

図3 今日の天気予報

アウル教授 「東日本日本海側と北日本は今日は傘がお守りという一日になりそうじゃ。その他の地域は絶好のGW初日を迎えるわけじゃが、今日は北寄りの風が強いため、山々に遮断される関東を除いて平年よりも数℃低い気温となりそうじゃ。関東は平年並みまで上がってくる予想じゃ。」

図4 熊本市の時系列予報


アウル教授 「今日は朝から晴れそうじゃ。降水確率も0%とここ数日降り続いた雨からようやく解放される。GWはボランティアなども多く熊本へ行くじゃろうが、今日は天気が味方してくれそうじゃ。気温も20℃前後と過ごしやすくなりそうじゃ。」

図5 熊本県の週間予報


アウル教授 「しかし、明日以降は雨が降るか気温が高いかというややボランティアの方にとっては大変な日が予想されておる。連休前半と後半は25℃を超えて夏日となりそうじゃ。熱中症にならぬようこまめに水分を取りながら作業にあたって欲しい。連休半ばは曇りや雨が予想されておる。再び土砂災害の注意が必要になる。」