■お天気メモ■
・日本海の前線は寒冷前線に変わる気配。活動が活発化しており、北日本で雨の降り方や落雷、突風注意。
・東海沖には低気圧があって、ゆっくり東へ進んでいる。東海や関東ではこの低気圧による雨が長く降る予想。雨の降り方と大雨に注意。
・北海道は午後以降、上空の寒気が入り大気の状態がやや不安定に。午前中の雨による湿った空気のために、午後以降も所々で雨が降る予想。落雷注意。 
・梅雨前線は夜に再び東から伸びてくる。日中は沖縄も前線から離れていて、小康状態。
・西日本は午後以降天気が一旦回復するも、前線接近や気圧の谷のために九州は雲が広がりやすい。

生徒 「公共施設では冷房が強くなり始めました。場所によっては、寒いほどです。」

アウル教授 「気温が高い日が増えてきたことで、電車やスーパー、学校、会社など冷房の設定を低くしてきているところも多そうじゃのう。ただ、人によっては寒いくらいということもあろう。風邪をひかないように気をつけたい。」

生徒 「寒いのが苦手な方は服装調整できるものがあるといいですね。」

アウル教授 「今日は、西日本ほど気温が上がるので、服装調節が大変じゃ。東日本や北日本では暑さよりも雨の降り方に注意したい一日となりそうじゃ。」

図1 26日夜の天気図

図2 深夜0時の雨雲レーダー

生徒 「日本海には前線がありますが、昨日は活動があまり活発でなく雨雲もほとんどありませんでした。しかしこの時間、日本海側には北海道から北陸を中心に帯状の雨雲(緑で囲った部分)がかかっていますね。」

アウル教授 「前線の活動が活発になってきておるようじゃ。北海道の南の海上など発達した雨雲からは落雷も多数発生しておるようじゃ。前線の活動が活発になってきたことから、この前線は寒冷前線と温暖前線に変わろうとしているように思える。」

生徒 「停滞前線よりも寒冷前線の方が、帯状の発達した雨雲を伴うことが多いんでしたね。」

アウル教授 「これから前線は太平洋側まで下がっていく予想じゃ。つまり北から発達した雨雲が降りてくる。同時に東へも進むので全体的には南東方向へ進む。通過した地域は基本的には乾燥した空気に覆われて天気は回復へと向かう。」

生徒 「太平洋側には前線とは別に低気圧が発生していますね。小さいですが、この低気圧に伴うものと思われる雨雲が東海地方にかかっていますね。」

アウル教授 「小さい低気圧を侮るなかれ。この低気圧は東側で、本州に湿った南風をもたらす役割を果たしておる。前線活動を活発にするだけでなく、低気圧の東側でも雨雲が発生しておる。このあと低気圧は東へ進んでいく予想ではあるが、速度が遅い。いずれ、日本海側から降りてくる寒冷前線による雨雲と合体することで、東海や関東の太平洋側で激しい雨になる恐れがある。」

図3 今後の予想天気図

生徒 「具体的にいつ注意すればいいのでしょうか?」

アウル教授 「北陸や東北の日本海側は朝9時の予想ではもう前線が通過しておる。そのため、この時間はもう雨が上がってくる予想じゃ。ということで朝まで雨の降り方に警戒したい。逆に東北や関東、東海の太平洋側は朝には全域で雨が降り出す予想じゃ。朝の通勤通学の時間帯は広い範囲で傘が必要になりそうじゃ。関東の雨のピークが午前中なので、通勤通学時間帯も含め午前中の雨の降り方には注意したい。北のほう(東北太平洋側)と西の方(東海)から雨雲は抜けてくるが、低気圧と前線の影響が最後まで残る関東南部では夕方ごろにかけて雨が降りやすい状況が続くという予想になっておる。」

生徒 「西日本方面は今日は晴れる所が多いのでしょうか?」

アウル教授 「次第に高気圧がやってくるため、日中は日差しの出るところもあるという予想じゃ。しかし、今夜の予想天気図を見ると、1つ1つの高気圧は小さく、その間には弱い気圧の谷があるようじゃ。このため九州では今日は雲が広がりやすい予想じゃ。」

生徒 「沖縄の梅雨はどうでしょうか?」

アウル教授 「天気図を見ると沖縄奄美は梅雨前線からやや離れた位置にある。このため今日は沖縄や奄美も晴れ優勢の日中となる予想じゃ。」

アウル教授 「北海道じゃが、上空に弱い寒気が午後以降入ってくるため大気の状態がやや不安定になる予想じゃ。それまでに降った雨で空気が湿っていればそれが再び雨雲となって雨を降らせる可能性がある。現時点では内陸部を中心に所々で午後以降の雨が予想されておる。」

図4 今日の天気予報

アウル教授 「次第に天気回復してくる西日本ほど今日は最高気温が高い。また、朝は全国的にまだ雲が多めであるため、朝の最低気温は高めという予想じゃ。」