■お天気メモ■
・九州南部の緯度まで梅雨前線が北上。九州や四国を中心に雨雲広がる。九州南部で梅雨入り近い?
・本州は日中、高気圧でも低気圧でもない場。前線付近で発生した上空の雲に覆われやすい。
・夜には本州で高気圧が発生。夕方以降は本州で晴れ間が広がる。
・北海道は上空寒気の影響で大気不安定。地上の気温が上がる午後以降は急な雨に注意。
・中国大陸に熱帯低気圧出現。台風にはならないが、前線に向かって湿った空気を供給し、前線付近での大雨に注意。 

生徒 「今朝の東京は雲に覆われて日差しがありませんね。」

アウル教授 「まずは雲の様子を見てみよう。」

図1 午前8時30分の赤外衛星画像

生徒 「本州上空は東西に伸びる帯状の雲がかかっていますね。」

アウル教授 「天気図も見てみよう。」


アウル教授 「帯状の雲と聞くと前線を想像される方も多いかと思うが、前線がかかっておるわけではない。ただ、日本全体を見ると中国大陸中部に高気圧、日本のはるか東にも高気圧があって、日本全域が緩やかな気圧の谷場となっておる。日本付近に低気圧が多くあることからもわかる。九州南部に伸びてきた前線付近で発生した雲が、この気圧の谷に流れてきて帯状の雲がつくられておるのじゃ。雲としては上空高いところの雲主体ではあるが、所々で雨も降らせておるようじゃ。」

生徒 「今日は雨の心配がありますか?」

アウル教授 「降水確率としては10〜20%程度であるが、今見たようにこの帯状の雲の一部では雨雲が観測されておる。まとまった雨にはならんが、ぱらっとにわか雨の降る可能性はあると言えそうじゃ。この雨の降る確率は西日本ほど高くなる。」

生徒 「九州や四国では雨マークが付いていますね。」

アウル教授 「こちらではぱらっとにわか雨ではなく、比較的まとまった雨となる予想じゃ。梅雨前線が九州南部まで北上してきておる。前線本体の雨雲がかかるためじゃ。雨足が強まったり雷を伴うこともある。大雨に注意が必要で、九州南部では夕方までに100mmが予想されておる。」

生徒 「そろそろ九州や四国は梅雨入りでしょうか?」

アウル教授 「九州南部は平年5月31日に梅雨入りしており、3日ほど早いが、これから2、3日前線による雨が続くといいことで梅雨入り発表の可能性が高いかもしれん。九州北部や四国は6月5日が平年じゃが、こちらも2、3日前線による雨が続く予想なので、場合によっては一緒に梅雨入りするかもそれんのう。」

図2 今夜の予想天気図

生徒 「今夜になると高気圧に覆われる本州ですね。」

アウル教授 「この高気圧は西から移動してきたというよりは本州付近で発生する。つまり日中、本州は次第に高気圧かしてくるということじゃ。本州は先ほど述べたように弱い気圧の谷で雲が広がっておるが、この雲は午後以降ゆっくり取れてきて北から晴れが広がってくる予想じゃ。夕方以降は関東〜近畿で晴れ間が広がりそうじゃが、日中は雲優勢なため、あまり晴れた気にはならんかもしれんのう。夕焼けが臨める程度じゃろうか。」

生徒 「沖縄は今日も晴れですか。」

アウル教授 「そうじゃのう。前線が北上して離れているため今週末は晴れる予想じゃ。ただ、来週からはまた雨が予想されておる。ということはこのタイミングでまた前線は南へ下がることになる。この予想を踏まえて、九州や四国の予報官は梅雨入りかどうかを判断することになるじゃろう。」

生徒 「中国大陸上には熱帯低気圧が見えていますね。」

アウル教授 「数日前に南シナ海で発生した熱帯低気圧が中国大陸に上陸したものじゃ。今年はまだ台風が発生しておらず、いよいよ台風1号発生かとも思ったが、台風になることなく大陸に上陸した。今後台風になる可能性はほぼ0になったわけじゃが、この熱帯低気圧が南から運んできた非常に湿った空気が大陸上で前線に供給されておる。その雨雲が東に流れてくるため、九州では明日以降、また雨の降り方に注意が必要になりそうじゃ。」

アウル教授 「北海道上空にはやや強い寒気が流れ込む予想じゃ。日中は、北日本に関しては今日は朝から晴れて、気温が上がってくるため、上空と地上の気温差が大きくなってくる。気温差が大きいほど暖かい空気は上空へ、冷たい空気は地上へという対流が起きやすくなるので、雨雲が発生しやすくなる。気温の上がる午後以降は急な雨や落雷、突風に注意したい。」

図3 今日の天気予報

アウル教授 「雲優勢なため気温はやや低めじゃ。25℃前後で、一時期に比べれば低めじゃ。逆に晴れる北海道は気温高めで、九州とそう変わらない気温が予想されておる。この高い気温が大気を不安定にするのじゃ。」