■お天気メモ■
・北海道は低気圧の影響で夕方まで雨が降りやすい。低気圧の発達ピークは過ぎており、激しい雨への警戒は朝まで。日中は弱い雨が続く予想。
・東北日本海側から北陸にかけても同様に湿った空気が入りやすい午前中を中心に弱い雨となる予想。
・この低気圧上空には強い寒気があって、全国的に大気の状態は不安定。
・西日本から高気圧に覆われてくる。前線は一旦南へ。今日は梅雨の中休み。ただし午後以降は夕立のところも。
・梅雨前線は沖縄まで下がり、沖縄と奄美は梅雨の戻り空。 夜まで激しい雨や落雷、突風に注意。

生徒 「台風の発生、結局なかったですね。」

アウル教授 「台風発生に必要な十分な海水温はあったのじゃがのう。ただ、熱帯域の対流活動がここ数日で高まっているようで、今後も熱帯低気圧の発生が予想されておる。」

図1 深夜0時の赤外衛星画像(北半球)

生徒 「赤い丸を書いた部分で雲が丸くまとまっていますね。今日の予想天気図から熱低と書かれていますね。」

アウル教授 「この熱低が台風となるのか、熱低のままなのかということに関してはまだわからんが、ここにきて台風の卵である熱低が発生しやすい状況になっておるのかもしれんのう。」

生徒 「早いうちに台風への心構えもしておきたいですね。ただ、今の日本にとっては台風よりもまず梅雨の大雨が心配ですね。昨日も西日本を中心に弱い雨が降り続きました。地面には水分がたっぷり含まれた状態が続いていますね。」

アウル教授 「土砂災害などは雨がやんだ後に発生することもあるので、この時期、晴れても油断はできないのじゃが、晴れればひとまず都市部では安心できる面も多いかもしれん。今日はそんな梅雨の中休みとなりそうじゃ。」

図2 25日夜の天気図

生徒 「昨日、梅雨前線(寒冷前線)が日本海側から太平洋側に南下していくという状況でしたが、そのまま南下を続けているようですね。」

アウル教授 「梅雨前線は九州を通り越して沖縄付近まで南下しておる。西から九州に高気圧がやってきたことで梅雨前線が再び北上するということが阻止されておるのじゃ。今日はこの高気圧のおかげで梅雨の雨はお休みということになる。逆に梅雨前線がやってくる沖縄奄美はすでに梅雨は明けておるのじゃが、梅雨空が戻ってくるということになりそうじゃ。前線付近の発達した雨雲がかかるため、雷を伴った激しい雨や突風に注意したい。沖縄奄美の雨は今日夜まで続きそうじゃ。」

図3 今後の予想天気図

生徒 「北日本にも雨雲がかかっているという状況でしたね。」

アウル教授 「北日本の雨は梅雨前線の北の端に当たる低気圧によるものじゃ。昨日までは日本海の低気圧から梅雨前線が伸びておったのじゃが、前線は切り離され、太平洋側に新たに低気圧が発生した。このような状況を低気圧の世代交代と読んだりする。文字どおり、古い低気圧は衰えて消滅へ向かい、新しい低気圧が今後発達していくわけじゃ。つまり北海道の西にある日本海の低気圧というのはこの後次第に衰弱傾向にある。ということでこの低気圧に伴う雨も次第に弱まってくることになる。北海道の強い雨(3時間に10mm以上)は今日朝まで注意したいがその後はしとしと雨へと変わっていく予想じゃ。弱まっていく低気圧じゃが、このしとしと雨は夜まで続くという予想じゃ。すっきり晴れるのは明日以降となる。同様に北日本の日本海側から北陸にかけても、低気圧を回る風により湿った空気が日本海から入っておって、雨雲が発生しておるが、こちらも降り方は弱まってくる。こちらは午後以降は雨が上がってくるという予想になっておる。」

生徒 「日本海の低気圧から前線が離れる前は閉塞前線という前線が低気圧から伸びていましたね。」

アウル教授 「閉塞前線は、低気圧が世代交代する時の"へその緒"みたいな役割で、新たにできる低気圧はこの閉塞前線の反対側にできる。そして新たな低気圧として切り離されると、元の低気圧はお役御免となるのじゃ。」

生徒 「お母さん低気圧、かわいそうですね。人間のように生まれた後も子育てすればいいのに。」

アウル教授 「まあまあ。それは置いといて、ではどうやって低気圧は消滅していくのか。そのヒントが衛星画像に写っておる。」

図4 深夜0時の赤外衛星画像(日本域)

生徒 「赤い矢印の部分で雲が渦巻きのようになっていますね。これがお母さん低気圧ですね。」

アウル教授 「緑の線はちょうど雲に沿った形で円を描くようじゃが、南へ膨らんだ上空の気圧の谷なのじゃ。」

生徒 「この上空の気圧の谷とお母さん低気圧の消滅が関係あるのですか?」

アウル教授 「上空の気圧の谷には寒気がある。寒気は文字どおり冷たい空気で、重い。この重い空気が低気圧の上空にやってくると、低気圧は上昇気流あってのものじゃから、上昇気流がうまく作れなくなって低気圧としては衰えてしまうわけじゃ。逆に、東シナ海から高気圧がやってくるというのはこの冷たい空気によってできたものなのじゃ。」

生徒 「でも、上空寒気といえば大気不安定にする原因でもありますよね。」

アウル教授 「その通りじゃ。上空に寒気があるというのは重たくて気圧としては上がるから低気圧は弱くなるし高気圧は強くなる。しかし、頭の上に重いものを乗っけると体が不安定になるように、上空に重い寒気があるというのは不安定な空気状態なのじゃ。もしここで足元を揺さぶるようなことをされると…」

生徒 「崩れてしまいますね。なるほど。その足元を揺らすものというのが、地表付近の気温上昇なわけですね。」

アウル教授 「その通りじゃ。足元をあっためても体は不安定にはならんぞと言われそうじゃが、上手い例えが浮かばなかったのでこれは置いておこう。ともかく、今日は晴れることには晴れる西日本から東日本なのじゃが、気温次第では大気が崩れる(対流が発生して雲が湧く)可能性があるということで、不安定な晴れといえそうじゃ。」

生徒 「どの辺りで不安定となるのでしょうか?」

アウル教授 「こんな言い方をしていると、まるで大規模な雷雨の恐れがあると思われるかもしれんが、西からやってくる高気圧が大陸から乾いた空気を地表にもたらしてくれるため、気温が上がったからといってどこでもかんでも雷雨になるわけではない。湿った空気がなければいくら大気が不安定でも発達した雲は作れないからじゃ。どこで夕立の可能性があるのか、発雷確率を見てみよう。」

図5 夕方の発雷確率

生徒 「おっと、関東で高い予想ですね。あれあれ、今日の注意地域は関東でしたか。」

アウル教授 「西から高気圧によって乾いた空気がもたらされるということで、やはりそこから一番遠い関東ではなかなか乾いた空気にありつけないということじゃろうか。同じような気温になっても、より湿った空気が残る関東で今日はちょっと午後からの天気急変に注意したいところじゃ。その他は、近畿北部などで発雷確率が発表されておる。今日は午前中は晴れる予想なので、雲の変化というものはつかみやすいじゃろう。黒い雲が広がってきたり、積乱雲が湧いてくる様子が見えた時はそのあとの天気に注意を払うようにしたい。」

図6 今日の天気予報

アウル教授 「今日は一旦梅雨はお休みじゃが、明日からはまた梅雨空が戻ってくる予想じゃ。明日からの雨に備えて、家の周りの側溝を掃除しておくとか、食料を蓄えておくとか、大事なものは上の階に避難させとくとか、できることをやっておくともし大雨になった時に救われるかもしれんのう。」