■お天気メモ■
・梅雨前線が本州の南に停滞。前線上の低気圧が太平洋沿岸を進む。
・低気圧が近づく時間帯は前線の北側にあたる本州で発達した雨雲が通過するため激しい雨に注意。
・激しい雨のピークは近畿東海は未明から明け方、関東は朝から昼前にかけて。
・ピーク後は雨の強さは弱まるが、西日本は次の低気圧がやってくるために夕方再び雨脚強まる。
・九州は前線がかかるために一日を通して雨が強い予想。大雨、土砂災害に警戒。

生徒 「梅雨もそろそろ折り返し地点あたりでしょうか。まだ半分なんですね。今年は九州はもう大雨になっていますね。」

アウル教授 「これから梅雨末期を迎えるにあたり、前線が本州に停滞しやすくなる。今はまだ前線より北に本州配置することが多いので、降ったり止んだりを繰り返しているが、前線がさらに北上し、前線の南に入り続けるようになるとより一層雨に警戒が必要になる。九州は早くもそういう状況になってきておるようじゃ。今日は九州は前線がかかり、それ以外の地域は前線の北側ということになる。」

図1 27日夜の天気図

生徒 「前線上に低気圧が四国の南に進んできました。この低気圧周辺に発達した雨雲が分布していますね。」

図2 深夜0時の雨雲レーダー

アウル教授 「前線の北側であっても低気圧がやってくるときは激しい雨に注意が必要になる。今、西日本を発達した雨雲が通過中じゃ。この影響で近畿や東海はこれから朝にかけて雨脚が強まる可能性がある。関東はこの雨雲がやってくるために、今日の朝から昼前にかけて3時間で10mm以上と、本降りの雨になる予想じゃ。朝の通学時間帯も傘がしっかり必要になる予想で、関東南部ほど雨が強く降る予想じゃ。雨の強く降る時間帯は、雷を伴ったり竜巻などの突風の恐れもある。雷がなっている間は、屋内で待機することを強く勧める。」

生徒 「前線通過後は雨としては弱まるのでしょうか?」

アウル教授 「低気圧の西側になると若干乾いた空気が入るようになるため、雨雲の隙間が生まれやすくなる。今回も例えば四国あたりなんかは雨雲レーダーで見ると雨雲が少ないエリアがあることがわかる。このように、前線の北側であれば、低気圧が通過した後に雨が止むもしくは弱くなる時間帯というのが存在するのじゃ。中国四国近畿東海は朝から昼過ぎにかけて、関東は昼過ぎから夜にかけて、雨は降っても弱い雨となる予想じゃ。場合によっては傘がいらない時間帯もあるという感じじゃ。」

生徒 「九州は前線がかかり続けるという予想ですね。」

アウル教授 「前線がかかり続ける九州では、他の地域のような雨の弱まる時間帯というのがない。1日を通して3時間10mm以上の本降りの雨が続くという予想じゃ。当然総雨量も多くなり、九州では夕方までに150mmの雨が予想されておる。引き続き土砂災害などに注意したい。」

図3 今後の予想天気図

生徒 「西日本は昼過ぎまでは雨が弱いということでしたが、夕方以降というのは西日本でもまた雨が強まってくるのでしょうか?」

アウル教授 「天気図でオレンジで囲った部分というのは前線が北に盛り上がった部分、低気圧が存在する部分じゃ。今日朝の予想天気図で関東にあるのが、今太平洋側を通過している低気圧ということになる。朝の時点で九州には前線がかかり、さらに前線の盛り上がりが新たに九州の西に発生しておる。これもあって九州は朝から雨が強いのじゃ。そしてこの盛り上がり(低気圧)が九州を通過し、西日本に近づいていくのが今日夕方ということになる。朝のようにしっかりした低気圧が南を進むというわけではないが、九州の西で発生した発達した雨雲がかかってくるためにやや雨足が強まる可能性がある。さらに夜になるとまた九州の西で前線が盛り上がって低気圧ができる。このように九州の西で次々に弱い低気圧ができるので九州では朝から夜まで強い雨が降りやすい状態となるのじゃ。そしてそこでできた低気圧が弱まりながらも定期的に西日本にやってくるため西日本は雨足がやや強まる時間帯が時々やってくるのじゃ。」

生徒 「よく見ると、今日夜の予想天気図でフィリピンの西に台風が発生する予想になっていますね。」

アウル教授 「これじゃが、昨夜気象庁はおうは、台風のはならないという見解に修正しておる。台風予想からもこの熱帯低気圧が台風になる予想をやめておる。今年の台風1号はまた延期となりそうじゃ。」

図4 今日の天気予報

アウル教授 「前線による雨雲は概ね東北南部あたりまでで、それより北では晴れ間が広がる予想じゃ。ただ、北日本上空は寒気が残っており、やや大気の状態は不安定。午後以降は内陸を中心に所々で雨の予想が出ているので急な雨には注意したい。沖縄は今日は夏空が広がりそうじゃ。」