■お天気メモ■
・北陸沖の低気圧による北陸、関東、東海の強い雨は朝までがメイン。雨はその後も残るところがあるが降り方は弱まる。
・沖縄は湿った空気の通り道。発達した雲が所々見られる。晴れても油断できない。
・午前中を中心に西日本ほど日差しが出る予想。午後からは内陸を中心に雨雲が湧き出しそう。北陸で発雷確率やや高め。
・日本海北部に低気圧がやってきて、温暖前線が北日本に。東北は朝から、北海道も昼前後から雨雲が広がってくる。上空寒気が残っているため大気はやや不安定。落雷や突風にも注意。

生徒 「そろそろ関東も梅雨明けかと言われていますね。」

アウル教授 「まあ、梅雨のとらえ方は人それぞれだろうが、雨がちでなくなるという観点でいえば、今日の朝までが広い範囲での雨が予想されておるので、それ以降は梅雨明けと考える方もおるのじゃろう。ただ、今日は東京都内では止んだとしても関東東部や北部ではやや雨が残る予想であるから、梅雨明け発表があったとしても午後、あるいは明日に持ち越す気がしないでもない。まあ、個人的には関東の梅雨はずっと前に明けておるのじゃがのう。」

図1 26日夜の天気図

生徒 「まだ東海や北陸など雨雲が残っていますが、天気図だけを見るとあまり雨が降りそうな天気には思えませんね。」

アウル教授 「そうじゃのう。昨日夕方あたりまでは北陸沖に低気圧が書かれておったのじゃが、描かれなくなってしまったことでよりなぜ雨が降っているのかわかりにくい天気図になってしまった。できれば今降っている雨が止む頃まで低気圧は残しておいてもらいたかったが。まあ、かろうじて北陸沖は等圧線が曲がって気圧の谷になっておる。この部分に元低気圧があると考えよう。」

図2 深夜1時の雨雲レーダー

生徒 「所々発達した雨雲も含まれていますね。」

アウル教授 「今日朝まではまだこのような雨雲がかかって雨が強く降る可能性がある。落雷としては北陸の一部で観測されておるが東海沖や関東の東にある発達した雨雲からは観測されておらん。雨雲は全体として弱まってはきておるがもうしばらくは降るところでは降るといった状況じゃ。」

生徒 「朝の通勤通学時間帯になれば雨の心配もなくなってくるところが増えてきそうですね。」

アウル教授 「そうじゃのう。ただ、午前中を中心に例えば千葉県や茨城県方面では雨が残る予想になっておる。東京も雨は上がってもまだ雲が多い。雨が降っても弱い予想じゃが、すっきり晴れるのは明日以降ということになりそうじゃ。果たしてそれで梅雨明けを発表するのかどうかじゃのう。一方で西日本方面は朝から晴れるところが多いという予想じゃ。」

図3 昼前の天気分布予報

生徒 「沖縄付近には小さいながら発達した雨雲がいくつもありますね。」

アウル教授 「昨日も言ったが、沖縄は今、湿った空気の通り道となっておる。天気予報では晴れと言われておるが、このような小さな雨雲が陸地にかかると一時的にざっと強く降るような雨が昨日も観測されておる。晴れても油断できない天気じゃ。沖縄は先日も落雷被害に遭われた方や、海上では竜巻が発生したりと、晴れる割にはそういうシビアな現象も起きておるので、雲が広がってきたりしたら、安全な行動を心がけるようにしたい。」

図4 上空500hPaの予想図

図5 湿った空気の流れ込み予想図

生徒 「朝鮮半島から低気圧が進んでくる予想ですね。」

アウル教授 「この低気圧は日本海北部から北海道へと近づいていくことになる。西日本や東日本からは離れておるので、影響はほとんどないが、東北や北海道は影響を受けそうじゃ。まず、上空の状態であるが寒気はほぼ抜けているかのように見えるが北海道上空だけかなり冷たくなっておる。なかなか移動速度も遅く、抜けない。一方で湿った空気はこの低気圧に向かって日本海に広がっておる。北日本も湿った空気が到達し始めておるようじゃ。この湿った空気と上空の寒気、および低気圧からのびる前線の影響で東北や北海道は次第に天気が崩れ、大気も不安定となっていく予想じゃ。東北は朝から、北海道は昼前後から雨が降り出し、降り方も強まる可能性がある。落雷や突風、大雨に注意したい。北海道は夕方までに120mmの雨が予想されておる。」

図6 今後の予想天気図

生徒 「等圧線も北海道で次第に狭くなっていくように見えますから、強風などにも注意したいですね。」

アウル教授 「東北はまだ梅雨が明けておらん。まだ雨への警戒は緩めてはならない。」

図7 夕方の天気分布予報

アウル教授 「さて、今日も夕方は内陸を中心に雨雲の発生が予想されておる。この夕立と日本海の前線による雨が合わさって今日も夕方の天気分布予報は広い範囲が雨になっておるが、原因は区別しておかなければならない。今日の夕立で発雷確率が高いのは北陸から長野県周辺で50〜60%となっておる。」

生徒 「南の海上では台風3号が発生しましたね。」

アウル教授 「今年の台風は1号の発生が遅く、7月になってからであったが、2、3号と立て続けに発生した。1号はものすごく強い勢力になったので今年は強い台風が多いのかとも言われたが、台風1号発生が遅いとその年の台風は強くなりやすいというような統計は今の所ない。事実、台風2はほとんど強まらないまま約1日で消滅し、3号も間もなく中国大陸に上陸し日本への影響も考えられない。」

図8 今日の天気予報

アウル教授 「ここ数日そうであるが、気温は西高東低。関東はやや過ごしやすい気温が続いておる。明日からはしっかり晴れて気温が上がってくると身体に堪えそうじゃが、1日でも過ごしやすい日が多いというのは悪くはない。ここまで書いてくるとますます、関東は今日梅雨明けしても、そんな気分になる空じゃないなと思えてきた。せっかく梅雨明け発表するなら、自分なら明日に持ち越すかのう。」