■お天気メモ■
・台風10号は進路が次第に定まってきた。台風の進路にあたる地域では早めの備えを。
・西日本には寒冷渦に伴う低気圧と台風の間で雨雲のラインができ、西から通過中。ライン上には非常気発達した雨雲もあり激しい雨と大雨、落雷などに注意。
・台風の北側に当たる関東や東北太平洋側は湿った空気が入りやすく日中もぐずついた天気になる予想。  

生徒 「台風10号の進路がだいぶ定まってきたでしょうか?」

図1 台風10号の進路予想

アウル教授 「以前のような馬鹿でかい予報円ではなくなってきた。現時点では東北地方へ上陸する可能性が濃厚になってきているという予想になっておる。」

生徒 「台風の大きさも大きくなりましたね。」

アウル教授 「昨日から強風域が一段階大きくなり、"大型の"台風となっておる。大型の台風とは強風域(黄色い円)の半径が500kmを超えているものをそう呼ぶ。ただしご覧のように台風の中心に対して強風域が対称ではない。」

生徒 「台風の東側で強風域が大きいですね。」

アウル教授 「一般的に台風の進路に対して右側を危険半円と言ってより風が強い。台風本来の風の加え、台風を流す風も吹くためじゃ。そのためより広い範囲で風が強く、強風域は右に広い分布をすることが多い。」

図2 各地の暴風域に入る確率

生徒 「暴風域を伴ったまま近づいてきそうですね。」

アウル教授 「気象庁は暴風域に入る確率を発表しておる。予報円の中心を結ぶ線に近い、仙台ではかなり高くなっておる。関東や北海道でも暴風域に入る確率がまだある。」

生徒 「台風はもう発達はそろそろ終わりでしょうか?」

図3 海水温分布

アウル教授 「昨日のTwitterでの質問内容の答えをここで発表する。まず質問内容はこういうものであった。

台風として発達すると言われている海水温の最低値は?
1、どんなに低くても発達する
2、20〜22℃
3、26〜28℃
4、32〜34℃

答えは3、26〜28℃じゃ。台風の発達にはこれくらいの水温が必要と言われておる。で、今の海水温分布と、午前6時に台風の中心位置(青いばつ印)を重ねてみると、ちょうど関東の南にかけて27℃線が伸びていてそこにさしかかろうというところじゃ。つまり、この線を越えると発達はもう難しくなる。気象庁の予想でも今後はこれ以上は発達はしない予想になってきた。緩やかに勢力は落としていく予想じゃ。しかし、台風は次第に速度を上げてくること、海水温が25℃前後はかなり北まで分布していることなどから、東北に近づくときでも955〜975hPaと強い勢力を維持したまま近づく予想じゃ。」

生徒 「台風としてはそれくらいの水温が必要ですが、以前のように温帯低気圧として発達する可能性もあるのでしょうか?」

アウル教授 「そうじゃのう。簡単に言うと台風と温帯低気圧の発達の仕方が違うため、台風として弱まりながら温帯低気圧として強まるなんてことも起きるかもしれん。その兆候とも言えるのが強風域の拡大でもある。温帯低気圧に近づくと台風の中心から離れた場所で風が強まるということもある。それゆえ強風域が広くなるのじゃ。天気図で台風に向かって前線が伸び始めるとその可能性にも注意したい。」

図4 午前6時の天気図

生徒 「西日本日本海側には低気圧が近づいていました。これは上空の寒気(寒冷渦)によるものでしたね。」

アウル教授 「台風と同じようにこちらの動向にも注意する必要があった。と言うのも寒冷渦は大気を非常に不安定にするもので、シビアな現象(落雷や竜巻などの突風)を引き起こすこともあるからじゃ。それに今回は台風からの湿った空気が入りやすいのでますます大気は不安定じゃ。」

図5 上空500hPa予想図

アウル教授 「九州北部に向けて寒気が張り出しておるのがよくわかる。朝鮮半島付近を中心に等高度線が閉じており、台風による低気圧より目立つが、これが寒冷渦じゃ。」

図6 午前8時の雨雲レーダー

生徒 「ライン状の雨雲が近畿中国地方から四国東部にかけて伸びていますね。」

アウル教授 「昨夜からゆっくり東へ進んできた雲がここにある。このライン状の雲は台風と共にゆっくり東へ進んでおる。日本海の低気圧と台風の間に分布しておる。2つの低気圧の間ではそれぞれの低気圧を回る風がぶつかるためじゃ。台風を回る風は水蒸気をたっぷり含んでおるのでこのように発達した雲が発生しておるのじゃ。」

生徒 「中国近畿地方で強い雨に注意が必要そうですね。」

アウル教授 「そうじゃのう。九州や四国はこの強い雨雲はもう抜け始めておる。強雨のピークは越えたようじゃ。一方で近畿はこれから強雨のピークを迎えることになる。夜にかけて雨が強い状態が続く予想なので台風から離れているとはいえ、大雨、落雷、突風などに注意する必要がある。」

生徒 「東日本はちらほら太平洋側で雨雲が見られるという感じでしょうか?」

アウル教授 「台風の北側に当たる東日本、北日本は東風が吹く場となっておる。このため関東や東北地方の太平洋側を中心に雨が降りやすい1日となる予想じゃ。台風が近づくにつれ次第に雨の降り方、風の吹き方も強まってくる可能性があるので雨風対策は早めのうちにしておきたい。」

図7 昼前の天気分布予報

アウル教授 「午前中は中国地方や近畿地方で雨雲レインが通過中ということでこれらの地域で強い雨に注意じゃ。九州は雨のピークは過ぎておるがまだ一部で雨が残る予想となっておる。東日本と北日本も太平洋側を中心に雨が降るところがあるという予想になっておる。午前中から傘を忘れずに持っていきたい。」

図8 夕方の天気分布予報

アウル教授 「夕方にかけて近畿地方の強雨ピークは続く予想じゃ。九州や四国では晴れてくるところが出てくる。中国地方は雨のピークは過ぎるが、雨がまだ残る予想じゃ。北陸や東海も次第に雨が降り出してくる時間帯じゃ。東日本と北日本の雨雲は相変わらず太平洋側にかかっておる予想じゃ。」

図9 夜遅くの天気分布予報

アウル教授 「夜になると強雨ラインは北陸、東海地方へと進んでくることになる。中国地方も雨が止んでくる予想じゃ。近畿はまだ雨が残る予想じゃ。東日本北日本太平洋側は夜にかけても雨が降りやすい予想となっておる。次第に降り方も強まってくる可能性がある。」

図10 今日の天気予報

アウル教授 「今日は、台風が来た時に雨対策をまず考えるか、それとも風対策をまず考えるかということをアンケートとしてTwitter上で問うつもりじゃ。」