■お天気メモ■
・北日本は上空の気圧の谷の影響で雲が広がり、雨となっているところも。今日も上空の気圧の谷による雲が広がりやすい。
・さらに地上付近は冬型となってくるため午後からは日本海側を中心に雨や雪となってくる予想。今日明日は平年を大きく下回る気温に。
・西日本から東日本は前線の北側にあたり上空の雲が広がっていて、西日本太平洋側では雨が降っているところも。今日はこの雲がかかるかどうか微妙なラインのところが多い。
・前線や低気圧が近い九州南部や奄美、四国では発達した雨雲が通過する可能性がある。 台風22号由来の非常に湿った空気が入る。
・大陸からの高気圧の張り出しが今ひとつで関東などは湿った空気が入りやすい。 午後以降風向きが関東で北東に変わってくる予想で、夕方以降は雲が広がりやすくなる予想。ただ、これも高気圧の張り出し具合で左右される。

生徒 「昨日は雲に一日覆われ日差しはほぼありませんでした。気温も予想より4、5℃も低くなりました。」

アウル教授 「そうじゃのう。日中は南寄りの風になるという予想であったが、ずっと北寄りのままで、日差しもなく、ほとんど気温が上がらないまま一日が終わってしまった。個人的にはそこまで寒いという感じではなかったのじゃが、中には肌寒く感じた方もいたじゃろうのう。」

生徒 「今日は暖かくなりますか?」

アウル教授 「微妙じゃのう。天気予報としては今日はかなり予想が難しいのではないかと思っておる。」

図1 深夜1時の赤外衛生画像

アウル教授 「赤いラインで書いた部分が雲の境の目安となっておる。なんとも微妙な位置で関東南部はこの雲がギリギリかかっているという感じかのう。昨日から太平洋沖に前線が発生しておるが、この前線の位置がこれまたなんとも言えない位置なので雨雲はあまり北上しないものの雲がかかってしまうという微妙な位置にあるのじゃ。」

図2 22日夜の天気図

図3 深夜1時の雨雲レーダー

生徒 「雨雲としては紀伊半島南部と九州の西にある感じですね。」

アウル教授 「昨日の予想は九州と四国に雨が降りやすく本州は雨の確率が低いというものであったが、瀬戸内や紀伊半島南部では少し雨雲がかかって雨が降ったようじゃ。このように若干の南北方向の変化で雨がぱらついたりする可能性があるために予想が難しいのじゃ。」

生徒 「大陸にある前線上の低気圧は元台風22号ですよね。」

アウル教授 「よく気づいたのう。台風22号は一時900hPaまで発達したあと、フィリピンを襲った台風じゃ。これが中国大陸に上陸し温帯低気圧へと変わったあと、前線上の低気圧になっておるのじゃ。つまり元は熱帯由来の湿った空気の塊じゃ。これが今日は九州へと接近してくる予想じゃ。すると当然、雨が強く降る可能性がある。場合によっては大雨となる可能性もあるので雨の降り方には十分注意してもらいたい。」

生徒 「昨日は北海道も雨が降っていましたが止んできたようですね。」

アウル教授 「北海道上空は気圧の谷があってこれによる雨が昨日は降った。この時間、雨は範囲が狭まっているがまだ雲は広がっておる。このあと午前中は日差しが届く可能性もあるというような予想じゃが、その後は今度は冬型となってくるので日本海側を中心に午後からは雨や雪となってくる予想じゃ。」

図4 朝の予想天気図

生徒 「大陸から高気圧が張り出してくるのですね。それで北日本は冬型になると。」

アウル教授 「この張り出し具合がまた微妙じゃのう。北日本は冬型になってくるので寒気が入ってくることになる。気温は日中あまり上がらず1桁にとどまってしまいそうじゃ。これは平年を大きく下回る気温じゃ。この寒さは明日にかけても続く予想なので今日明日は暖かくして過ごしたい。この寒さでまた雪となるところも出てくる予想じゃ。明日朝は路面凍結などに注意が必要になってくるところが出てくるじゃろうのう。」

生徒 「関東の天気が微妙ということですね。」

アウル教授 「そうじゃのう。矢印で書いたように高気圧を回るように風が吹く。しかし関東は風の向き一つで大きく天気が変わってしまう。北寄りなら寒いが、山越えで比較的天気はいいことが多い一方で、北東寄りになるだけで湿った空気が入り雲が広がりやすくなってしまう。そして今日はその、北風か北東風かが決めにくいのじゃ。高気圧の張り出し具合が今ひとつじゃからのう。そういうわけで今日の天気予報は難しい。」

図5 東京の時系列予想


アウル教授 「さて、気象庁の予想では風は北のち北東で、午前中はまだ晴れる予想も、午後からは曇り予想となっておる。ただ、この北東に変わるタイミングによっては晴れる時間帯が長くも短くもなる可能性があるので、それによって気温も左右され、なかなかに難しい。今日のアドバイスとしては晴れて暖かくなっても、逆に曇って肌寒くなっても対応できるようにしておくといいかもしれんのう。」

生徒 「まさかのどっちにも対応できるように、悪く言えばどっちつかずのアドバイスですね。」

図6 鳥取の時系列予想


アウル教授 「今日も鳥取の時系列予想も見てみよう。今日は風が強く吹く可能性がある。これは鳥取に限ったことではなく、西日本に特に言えることじゃ。というのも大陸から高気圧が東日本方面に張り出し(今ひとつの張り出しではあるがのう)、九州南部には低気圧が近づいてくるということでその間に当たる西日本は等圧線の間隔が狭くなるためじゃ。強風に注意が必要じゃ。さらに鳥取では午後に雨が予想されておる。これは弱い冬型による時雨と考えよう。南の低気圧による雨とは別じゃ。」

図6 もういちど朝の予想天気図

生徒 「今度は日本海側を吹く風を書き込みましたね。北東寄りの風ですね。」

アウル教授 「冬型といえば等圧線が南北に走って、風はもっと北寄りの風であるから、その意味では今回は北東風でそれほど強い冬型ではないが、日本海側は海からの風ということでやや湿ったものとなる。その意味では冬型の時と同じ雨の降り方じゃのう。」

図7 朝の天気分布予報と雨量予想

生徒 「九州南部や奄美では雨が強く降る可能性があります。同時に落雷や突風にも注意が必要です。そのほかの地域、晴れたり曇ったりですが西日本から東日本は曇り空の範囲が目立ちます。」

図8 昼過ぎの天気分布予報と雨量予想

生徒 「昼過ぎも九州南部や奄美、四国は雨が降りやすく強い雨となる可能性があります。北陸や山陰など日本海側も時雨による雨が予想されていますが雨量としては少ないので降っても弱い雨の予想です。ただ、鳥取県の被災地では雨が降る前にブルーシートなどをかける作業は終えておきたいですね。そのほかの地域もやはり曇ったり晴れたり予想です。北海道は日本海側で雨や雪が降り出してくる予想です。」

図9 今夜の天気分布予報と雨量予想

生徒 「引き続き西日本から東日本は雲が多めの予想です。九州南部の雨はやや弱まって範囲も狭くなる予想です。一方で北海道の雨や雪の範囲は広がり、気温が下がって雪となってくるところも出てくるのか、雪エリアが目立ちます。」

図10 今日の天気予報

アウル教授 「とまあ、このような予想が出ているわけじゃが、今日は前線による雲、張り出してくる高気圧による雲、これがどちらも微妙な場所に位置するため、少しの予想とのズレで雲がかかってしまったり逆に晴れるという可能性があると考えておくといいかもしれんのう。その天気次第で気温も変動する可能性があるのでお出かけする際はまずは最新の天気予報を確認すること、そしてある程度気温が外れても対応できるような服装にしておくといいかもしれんのう。最後に傘じゃが、微妙な時は持って行こう。」